市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

「葬儀(葬式)に使用する道具」

1:位牌
葬儀で使う位牌は、仏教葬儀で死者の霊を祀るために使われる木製に牌で、「霊牌」とも言います。元来、儒葬で使われた「木主」や民俗信仰の「霊代」から生まれたものと言われ、死者の霊が宿る依代でした。
葬儀で使用する位牌のおもてには戒名(法名、法号)が書かれ、裏には俗名(生前名、本名)と死亡時年齢(享年、通常は数えで)死亡年月日などが書かれます。
葬儀に使用する位牌は一般に四十九日までは白木の位牌を用いますが、これを「内位牌」「仮位牌」とも言います。この期間は仏檀でなく中陰壇に置かれるのが一般的です。また、内位牌とは別に白木の「野位牌」が作られ、埋葬地に置かれることもあります。忌明けと共に内位牌は寺に納め、野位牌は墓に埋めたり、焼いたりします。忌明け以降は塗り位牌を仏檀に納めます。
葬儀のあとに作る位牌はこの他に集合型の「繰り出し位牌」があります。これは年忌法要に便利なように個人の戒名などを記した板を祥月命日の順に並べて一基の位牌とするものです。これに対して個人一人に一基の位牌を「札位牌」とも言います。
葬儀の後に作る札位牌や繰り出し位牌の板は三十三回忌あるいは五十回忌をもって弔い上げとし、その後は先祖代々」の位牌に合祀されるのが一般的です。
生前に戒名(法名,法号)をもらい、位牌や墓石に朱書きしておくことを「逆修」あるいは「預修」といい、この位牌を「逆修牌」あるいは「寿牌と言いますこれに対し、故人の位牌は「順修牌」いいます。
浄土真宗の場合には、原則として位牌を用いません。しかし地方により葬儀のときに限って白木の位牌を用いることもあります。その場合でも本尊と並べたり本尊の前に置いてはいけない、とされています。浄土真宗で位牌の代わりに用いるのが「法名軸」と言う掛け軸形式のもので、そこに法名を記して仏檀(お内仏と言う)の側面にかけます。法名軸には順次法名を記載していく合幅のものもあります。あるいは過去帳にして、仏檀の中段または下段の横の置きます。浄土真宗でこのようにするのは、死者を礼拝の対象にしないためです。
地方によってはこの様に行われていますが現在の、さいたま市、上尾市の葬儀にはこれにあたいしないこともあります