市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

よ く あ る 質 問

よくある質問    お葬儀を具体的にお考えの方へ

・ 通夜に行く際の服装は・・・・

本来は取り急ぎ駆けつけるものなので地味な平服で行くのが基本となりますが、現在の葬儀では略礼服を着用して参列するのが一般的です。
靴や鞄も黒が基本で、派手なアクセサリーは葬儀には外しましょう。

・ 通夜にも葬儀にも出席できない場合は・・・・

弔電やお悔やみ状にて弔意を伝え、後日なるべく早く弔問します。
無理な場合は現金書留にて香典を郵送します。その際には葬儀に参列できなかった理由も書き添えましょう
葬儀には代理の方に出席していただいてもよいでしょう。

・ 葬儀に参列の際はどうやって声をかければいいの・・・・

「このたびはご愁傷さまです」 「心からお悔やみ申し上げます」 など手短に心こめて述べるのがよいでしょう
「重ね重ね」 「くれぐれも」 「たびたび」 などの重ね言葉や 「続く」 「繰り返す」 「再び」 などの忌み言葉は葬儀には用いないように注意しましょう。

・ 葬儀で弔辞を依頼されたんだけど、どうしたらいいのかな・・・・

快く引き受けるのが礼儀となります。
他に弔辞を述べる方がいるかを確認し、いる場合は文面が重複しないように注意します。
喪家に末永く保存されますので丁寧に作成しましょう。
目安としては3分程度、400字詰め原稿用紙2~3枚を目安とし、忌み言葉を用いないように注意しましょう