市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

仏檀・仏具

仏檀とは
葬儀後に使う「仏檀」とは本来、寺院内に仏像 (如来、菩薩など) を安置して、礼拝をし、供物を捧げたりする、周囲より一段高くなった場所のことです。中世まで仏檀と呼ばれていたこの場所は、近世に入ると「須弥壇」と呼ばれるようになります。仏教の宇宙観では、巨大な山 「須弥山」が宇宙の中心をなし、そこに帝釈天が所在するとされていますが、須弥壇はこの須弥山をかたどったものといわれます。
代わりに、各家にあって本尊や位牌を安置する厨子または宮との型のものを仏檀と言うようになり、葬儀の後に使用する仏檀は現在に至っています。
各家に置かれる現在の仏壇の起源は、平安時代の貴族社会における持仏堂仏間の建立にあると言われます。鎌倉時代以降、禅宗が広まると共に位牌が流行し常設の位牌棚となり、位牌の安置所として仏檀が発生したと思われます。仏檀受容の背景には、民族として発展した神棚、正月棚、盆棚などのい影響もあったと思われます。各家庭に仏檀が設けられるようになった江戸時代中期の寺檀制度確立以降の事です。

さいたま市、上尾市での現在は葬儀の後にほとんど仏檀は購入しています。