市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

司会進行 (注意すべき点) 「さいたま市、上尾市 の家族葬は市民葬祭へ」

注意すべき点
1:準備に手を抜かないこと
慣れると手をぬきがちですが、時刻入りの進行台本を用意し、綿密に準備します。
2:遺族や僧侶などの宗教者と事前の打ち合わせ、確認すること
勝手に進行して式の途中で問題が生じたりしてはこまります。焼香開始のタイミングなど事前にサインを決めておく必要があります。
3:全体の状況を常に頭に入れ、配慮しながら進行すること
突発的な出来ごとが生じたり準備したこととちがった事態になったり、思わぬ時間がかかったり、さまざまな事が考えられます。全体を見てその場にふさわしい進行ができるようにします。
4:肩書、名前は事前に確認してフリガナをつけておくこと
人命の読み誤りは当人に対して失礼になると共に、遺族の気持ちを大きくそこないます。
5:ゆっくり落ち着いて分かるようにはなすこと
アナウンサーのように話すプロではありませんから、流れるようにというのは一般に無理でしょう。しかし日ごろから人前げ話す訓練をしておいて、相手に分かるように話す訓練は必要です。
6:言葉つかいに配慮すること
事前に原稿にして問題がないかを複数の人間で検討し、確認しておきます。ていねいな表現は大切ですが、良く見られるには「丁寧すぎる」ことで奇妙な表現になってしまうことです。「ご導師様」「ご遺族様」などはその一例です。また、導師に対して「読経をお願いします」などということは、司会者が葬儀の主宰者である如くだと誤解されますので避けるのが賢明です。第三者による客観的な司会・進行であるという一線を守った言葉遣いが必要です。また、難しい表現もさけるのがよいでしょう。
7:きちんとした態度、姿勢で
姿勢、態度には注意したいものです。特に話していないときにダラダラしたり、変なたいどをとるのは目に付き、不愉快なものです。式の最初から最後まで姿勢、態度はきちんとするひつようがあります。
8:無理なことはしない
最近、葬儀司会の技術も進歩しており、かなり高度な司会も見ることができます。しかし、出来ないのに無理に真似して全体から浮き上がったり、稚拙さが浮き彫りになるケースも少なくありません。自分の力にあった司会を心がける必要があります。