市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

家 族 葬

「家族葬」 ってどんな葬儀・・・家族葬の場合の7つのマナーと知識

3: お香典について
お断りしたにも関わらず、相手がどうしてもと言って置いて行かれた香典に関しては、お返しをするのがマナーです。いくら家族葬とはいえ、その方々それぞれに故人に対する想いがあります。香典の本来の意味は、故人と交流があって世話になり、その縁に対する感謝の意味が含まれています。不本意にいただいたにせよ、お返しするのが葬儀において望ましいでしょう。

一方、家族葬に参列する方は、事前にお香典を断られている場合はお香典は持参すべきではありません
しかし、家族葬イコールお香典なしではありません。葬儀でこれを勘違いしてしまうと、大変失礼なことになり、恥をかいてしまいます。お香典に関しては何も記載がない場合は、持参するのが無難でしょう。
お葬式の受付で断られた場合には持ち帰れば良いのです。

4: 家族葬の服装

家族葬イコール簡易的な葬儀と考える方もいますが、これも大きな間違いです。家族葬とは言え、葬儀であることにはちがいはありません。ですので、服装もマナーも通常の葬儀とかわりはありません。
葬儀ですから、男性は黒いスーツ、白いシャツ、黒のネクタイ、黒の靴下、黒の靴女性は地味な平服で、肌をむやみに露出せず、ひかりものは身につけない格好で葬儀に参列するのが望ましいでしょう。

5: お通夜に行くべきか

家族葬に招待されていない場合、お通夜に行くべきか悩むかもしれません。確固としたきまりがあるわけではありませんが、一般的にはお通夜にも参列しないのがマナーです。しかし、葬儀ですから故人との親しさの度合いや家族葬をする家族にも事情があるかと思いますので、お通夜に関して相手方に直接確認するのがよいと思います。お悔みの言葉を申し上げて直接確認するのがよいでしょう。