市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

家 族 葬

「家族葬」 ってどんな葬儀・・・家族葬の場合の7つのマナーと知識

最近広まりつつあるのが 「家族葬」 です。密葬とも呼ばれ、家族や親族、そしてごく親しい友人のみで故人を送る葬儀が特徴です。一般の会葬者への心遣いが必要なく、故人との最後の別れを存分に確保できるため家族葬を選択する方が増えています。また、故人が高齢で友人、知人が少ない、葬儀予算をあまりかけたくない、故人の遺言でこじんまりと行いたいという希望からも家族葬が選ばれています。流れとしては通常のお葬式となんら変わりません。お通夜ー葬儀ー出棺ー火葬という流れです。この家族葬について、家族葬を執り行う場合、家族葬に参列する場合、家族葬に招待されていない場合、それぞれに気をつけるべきマナーについてご紹介します。

1: 参列者の招待

家族葬のマナーとして、これは主に取り仕切る側が気を付けることになりますが、招待する人の範囲に気をつけることが必要です。後で 「なんで呼んでくれなかったんだ」 とクレームが来ないようにしっかりと配慮する必要があります。挨拶状もどこまでだすのかしっかり決める必要があります。10人程度のごく少ない人数で行う場合は家族のみ。二親等位の範囲で招待します。もう少し規模を大きく、30人程度の場合は三親等くらいの親族、それに加え、故人が生前に親しくしていた友人を葬儀に招待します。

2: 家族葬の通知

家族葬では参列者を近親者のみに限定し、ご近所、同僚、仕事関係者など義理で来る人の参列をお断りすることになります。その参列者を限定するために通知を行い、家族葬であること、お香典、弔電を御断りすることを明確に伝えなくてはなりません。家族葬であると明言してもお焼香等に来る方もいますので、最初の段階で明確に意思を伝えておくことが重要です。お通夜などを執り行わない葬儀の場合でも、その旨を明記するとよいでしょう。