市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

家 族 葬

・ 家族葬と一般葬の違い

家族葬と一般葬、一見同じように思える種類の葬儀形式。 しかし、形式や葬儀費用、参列者様の有無など、家族葬と一般葬には、数多くの相違点があります。こちらのページでは、家族葬の特徴や、一般葬との違いについてご覧いただきます。

・ 家族葬の特徴

家族葬は、通常の葬儀と比べて葬儀費用を抑えることが可能です。
そもそも、家族葬は身内だけで執り行う葬儀。 そのため、参列者への引き出物や御礼状を用意する必要もありません。
また、社葬のように体栽に気を遣うこともないため、自由なスタイルで葬儀を行うことができるのです。
「葬儀費用を抑えて、自由な形式で故人をお見送りすることができる」 そんな点が家族葬が注目を集めている理由なのでしょう。

・ 家族葬と一般葬の相違点

「家族葬と一般葬のどこが違うのですか・・・」 市民葬祭にはこのようなご質問が多くよせられます。
似ているようで異なる、ふたつの葬儀についてご紹介しましょう。

一般葬とは、身内だけで葬儀を行うのでなく、参列者様を招くタイプの葬儀をいいます。
市民葬祭の葬儀では、ご家族様のご要望を伺い、故人を見送るのに相応しい立派な葬儀を執り行います。
また、各宗派に応じた葬儀・法要にも相応いたしますので、お気軽にご相談ください。

・ 参列者   (家族葬)
特に参列者を呼ぶことはなく、ご家族様・ご親族様・親しいご友人など、身内のみでとり行います。
また、会葬礼状を送らないケースも増えています。

・ 参列者   (一般葬)
身内の方を始め、ご近所にお住まいの方や、故人の勤められていた会社の方々など、故人と生前に関係のある方を呼ぶ必要があります。列席者様に失礼のないよう、会葬礼状のご用意も必要です。

・ 葬儀形式   (家族葬)
シンプルな葬儀形式が多いのが特徴です。

・ 葬儀形式   (一般葬)
場合のよっては、高額な葬儀を行う場合もあります。

・ 葬儀式場   (家族葬)
自分で執り行う場合や、自宅から離れた式場で執り行う場合があります。

・ 葬儀式場   (一般葬)
式の内容・参列者などに応じて式場選びを行います。

・ お香典   (家族葬)
家族葬の場合、身内だけで葬儀を行うという意味合いから、お香典を辞退するケースが増えています。

・ お香典   (一般葬)
一般葬においては、お香典の風習は残っています。 お香典を受け取った場合には、お返しをする必要があります。

・ 事前準備   (家族葬)
基本的に葬儀を行うことを周囲にアナウンスしないため、名木 (式場前の看板) や、案内看板・忌紙などを用意する必要はありません。

・ 事前準備 (一般葬)
多くの参列者が来られるため、葬儀前には、案内看板や忌紙・場合によっては駐車場の準備を行うこともあります。