市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

家族葬

* 「家族葬」 とはどんな葬儀なのですか

最近 「家族葬」 という言葉を良く聞きますが、どういう葬儀なのですか、「密葬」 とは違うのですか

本来、葬儀は00葬と決められるものではありませんが、時代と共に葬儀を行う形も変わり、自宅や集会所ではなく専用葬儀会館での葬儀や無宗教葬などと多様化しています。
核家族化や社会的な経済事情などから、葬儀という儀式においても 「義理やつき合いを避けて行いたい」「葬儀費用の負担を抑えて経済的に行いたい」 という消費者の声が多くなりました。
この「声」に葬儀社が応え、企業努力を重ねたうえでの低価格化、葬儀式内容と葬儀料金の明確化を築き上げ消費者のニーズに応えプラン化したものが 「家族葬」 と言われています。消費者から今、最も求められている葬儀スタイルかもしれません。
「家族葬」 とは一般には密葬 (家族葬=密葬) とお考えの方が多いようですが、本来、密葬とは社葬など、後日改めて通知を出して本葬を行う前の葬儀(火葬)を一般的に密葬といってました。現在では結婚式で言う、「地味婚」 の葬儀版というような感じで、参列者を親族などに制限してしめやかに行われる葬儀を意味するようになってきています。
そういう意味では 「家族葬」=「密葬」は間違えではないのかもしれません。しかし 「家族葬」 にはもう一つの意味があります。それは葬儀社主導の形式的な葬儀ではなく、故人と家族が主体となり家族を中心とした近しい方々が社会的な儀礼に重きを置きすぎるのではなく、故人と家族のお別れを最も大切にしたスタイルの葬儀という事です。
つまり家族葬とは決して普通の葬儀の規模を小さくしたものではなく、最後の限られた時間を愛する家族と一緒に過ごしたいという葬儀において最も大切な 「想い」 をカタチにしたものでなければならないということです。
最近は 「家族葬」 という表現をする葬儀社が多くなってきましたが、葬儀はやり直しの出来ない大切な儀礼です。
最近では葬儀社の多くが事前相談などに対応しております。よく葬儀内容を確認して安心できる葬儀社に依頼するようにしてください