市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市民葬とはなんですか

「 市民葬」 というものがあると聞いたのですがどういう制度ですか

現在、関東地方の葬儀費用の合計金額は313,0万円*という統計があります。
経済事情から、葬儀という儀式においても「義理や付き合いを避けていきたい  「葬儀費用の負担をおえて経済的に行いたい」 という消費者の声が多くなっています。
そんな中、比較的低料金で葬儀が行えるのが、各自治体で取り扱っている市民葬や区民葬です。
「市民葬」 は市や区などの自治体が葬儀社と協定を結び、ほとんどの場合、自治体が葬儀を行うわけではなく葬祭業者に委託する形で提供されます。市や区が業者の協力のもと、行っているものなので、一般的な葬儀に比べると内容は質素ですが、低価格な葬儀セットになっています。これには一般的に所得制限などはなく、亡くなった方か喪主がその地区に住んでいればだれでも利用することができます。
利用方法は市役所市民課、支所区民センター、出張所にある 「市民葬儀葬祭券」 に必要事項を記入し、最寄りの市民葬儀取り扱い指定店に直接申し込みます。
ここで注意してほしいのは、市民葬葬儀制度に含まれている項目以外の費用は各葬儀社により異なる事です。現在では多くの葬儀社は事前相談に対応していますので数社見積もりを取り扱って比べてみるといいでしょう。