市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市 民 葬 (区 民 葬)

・ 市民葬 (区民葬)

市民葬は亡くなられた故人、または、施主、申請者が住民登録されている市役所 (区役所) などの自治体に死亡届を提出する際に申し込む必要があります。
各自治体で 「自治体葬」 「規格葬」 「市民葬」 などと呼ばれています。 また、自治体によっては市民葬を執り行っていない地域もありますので、確認の必要があります。
「最低限必要な事のみを提出する安価な葬儀」 ともいえます。

・ どこでおこなわれるの? 料金は?

ほとんどの市民葬 (区民葬) の場合、執り行われる場所は、各自治体が管理している場所が多く、公民館や斎場などの小ホールなど、公共の場所を借りて葬儀を行います。
申請者からの場所の指定や要望などは、受け入れられない事があり、その場合には、葬儀別途料金が必要となる場合もあります。
市民葬や区民葬を、執り行う場合、とくに所得制限などの決まりはありません。
住民登録がしてある自治体で、市民葬 (区民葬) の取り扱いがある自治体ならば、受付して貰えると思います。 また、葬儀料金についてですが、自治体によって異なりますが安価で出来る葬儀内容のプランが用意されています。 容易されているプランを変更したい場合などには別途葬儀料金が掛かります。
夏の暑い時期などの、遺体の保存用に使用する 「ドライアイス」 「遺影写真」 「返礼品」 僧侶を呼んだ場合の 「お布施」 「お清め料理」 などは、すべてオプションとなりますので、すべてにおいて別途料金が掛かり、その料金も自治体と提携している葬儀社により異なります。

・ 市民葬 (区民葬) は全ての市区町村で行っているわけではない

全国、すべての自治体が行っている訳ではありませんが、住民登録している自治体に問い合わせてみる事をお勧めします。
また、市民葬 (区民葬) について、自治体から補助金は出ませんので、注意が必要です。
安価な葬儀費用でのプランはありますが、ほとんどの場合、最低限必要な事 <祭壇、霊柩車、火葬料金>だけとなりますので、故人の遺志や、遺族の要望などがある場合には、生前からよく話し合っておく事をお勧めします。
現代問題として、1人暮らしの高齢者が、孤独死などで死亡した場合にひっそりと執り行われる葬儀としても市民葬 (区民葬) を利用されているようです。