市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市 民 葬

市民葬のメリットとは・・普通の葬儀と異なる点と申し込み時に知って置くこと

葬儀の方法やプランには様々なものがありますが、その中のひとつに市民葬というものがあります。

市民葬とは各自治体と葬儀社が提携して行われる葬儀プランのことで、葬儀社へ普通に葬儀の依頼をするよりも費用が安くなることが主なメリットです。 ただし、どの自治体でもやっているわけではなく、申し込み資格も存在するので利用できるかどうかを事前に知っておきたいものです。

今回は、市民葬を検討する際に把握しておきたい、申し込み資格やメリット、申し込みの詳しい手順についてご紹介します。

市民が利用できる市民葬はま

市民葬は自治体と葬儀社が提携して行う葬儀で、中には自治体そのものが施工することもあります。
多くの公営の葬儀式場や公民館などの公共施設を利用しての葬儀となります。
市が行う場合はには市民葬といいます。

市民葬を利用できるのは、
・ 自治体に暮らしている人が亡くなった場合
・ 自治体にくらしている人が喪主として葬儀を行う場合
このどちらかに当てはまる人が対象となり、その他の所得制限などはありません。

市民葬のプラン内容とは

市民葬の葬儀プランでは、通夜・告別式を含めた一般的な葬儀を行うことができます。ただし、全ての自治体で同じ葬儀が提供されているわけではなく、各自治体によってプランやサービス内容はことなっています。

市民葬で提供される葬儀プランの多くは、納棺、葬祭用品の準備、祭壇の飾り付け、霊柩車の手配、葬儀式の進行などの葬儀を行ううえで必要となる、一部のサービスや物品の料金が規格されたものであり、別に葬儀費用がかかることがあることに注意が必要です。
例えば、遺体の搬送やドライアイス、斎場の利用料、宗教者への依頼、供花・供物・バスの利用料などは別途申し込まなければいけないことが多くあるのでよく確認しましょう。