市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市 民 葬

・ 市民葬の費用とはどれ位なのでしょうか?

故人を失い嘆きや悲しみなどが錯綜する中にも、葬儀の費用のことは頭の隅から取り除くことはできません特に日本では 「葬儀をケチってはいけない」 などといった暗黙のルールに縛られ、生活もままならないほど困窮した生活を送っているような人が、費用が何百万円もするような葬儀を執り行うこともあります。
故人の為と言うのはわかりますが、生活を左右するほどの経費がかかるような葬儀をする必要があるのかというとこれは疑問です。そこで故人の霊に失するようなことはなく、葬儀費用を抑えるコツなどはないものかを考えてみましょう。

最近よく利用されているのが市民葬です。市民葬は特定の市や区などに住んでいた人がなくなった際に市などが葬儀を執り行うものです。市民葬は申し込み者が市民であれば受け入れてくれるところもたくさんありますが、まったく他のところに在住している人が葬儀費用を安く抑えるために申し込むというのは受け入れませんので、まずは自分が住んでいる町や市に市民葬などがあるかどうかを確認しましょう。

市民葬や区民葬などでは通常葬儀費用、火葬料金、霊柩車代などはセット料金として含まれていますが、それ以外のものについては故人の負担となる場合がほとんどであるので、最初に詳しい内容の説明を受ける必要があります。

市民葬や区民葬では費用を抑えることが可能ですが、デメリットとしては葬儀内容などを選べないこと、セット葬儀料金が意外と高額となることがあることなどがあります。