市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

布施

1:葬儀での「お布施」
葬儀において、僧侶には枕経、通夜、葬儀式などの法要を営むことによって法施を施し、遺族はこれに対し感謝して財施で応えるという関係にあります。僧侶が法要を営むことはビジネスではなく、あくまで法施です。
遺族も葬儀での「お布施」は法要執行への対価として支払うのではなく、あくまで財施として行うのだ、というのが本来の考え方です。
葬儀での「お経料」「戒名料」という表現は、対価としての料金という考えによるものですからふさわしくないとされています。遺族には「お礼」という気持ちが確かにあると思われますが、それを超えた意味がある事を理解する必要があり、上書きはしたがって「お布施」とするのが正しいとされています。
葬儀の時の「お布施の金額が不透明」 という批判が高まっていますが、お寺と遺族の関係が「信仰抜き」 になっていることからきた弊害です。葬儀のお布施をめぐって、遺族、寺院、の一部において問題があることは残念ながら事実です。
葬儀のときの、お布施はしたがって遺族の「志」によるものですが、寺院の維持経費もあり、また、他寺の僧侶に応援を頼めば導師となった僧侶は出座のお礼をしなければなりませんから、それらの事を考慮する必要もあります。ですから遺族は自らの経済的事情を考えつつ、相応の金額を葬儀のとき包むことは必要になります。
わからない場合には率直に寺院に質問したり、経済的事情のあるときには寺院と相談することを勧めるとよいでしょう。
葬儀のときのこのお布施に関して、僧侶と遺族の間に葬祭業者が介在するには、「布施」 の性格からいっても望ましいことではありません。無用な批判を招く原因にもなります。遺族からの相談まで全て拒絶することはありませんが、金額を指定するのは行き過ぎですにで注意が必要です。
もちろん、これは葬儀に限ったことではなく、法事全般に言えることです。

さいたま市、上尾市での現在の葬儀のときの「お布施」 の金額は僧侶が決めています。
ですから、葬儀のお布施の金額が高いので檀家離れが進んでいます。