市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

最近の葬儀事情 (葬儀相談で注意するできこと)

「 葬儀相談で注意するべきこと 」
( 予定より派手になってしまった ) 例

「 故人から ( 自分の葬式は派手にしないでいいから、身内だけで静かに送って欲しい ) と言われていてそのようにするつもりでいた B さんは、町内会でいつもご近所付き合いをしている葬儀社があったのでそこにお願いすることにした。顔見知りのプロが来てくれて安心した B さんは 「 何も分からないのでお任せします 」 と全てお願いすることにした。
いざ打ち合わせが始まると 「 最後の孝行ですから 」 や 「 特別サービスします 」 などと言い始め、あれよあれよという間に100万円もする祭壇を頼むことになってしまったのである。
「 身内の死 」 を前に、葬儀代を値切ることにどうしてもうしろめたさを感じてしまい、結局葬儀社が全部仕切ることになり、親戚も驚くぐらいの立派な葬儀になってしまった。」
この事例のポイントは 「 自分の要望 」 を全く伝えず、全てを葬儀社に任せてしまったことにある。
葬儀社と、近所付き合いがあるという安心感から、事前の準備はおろか、他の葬儀社との比較検討もしていない。
いざという時には、時間の精神的な余裕もなくなってしまい、自分の要望までがわからなくなり、葬儀社の勧めるままにどんどん進んで行きます。
つまり、葬儀という取り行いが、消費者にとって非日常的な行事であり、価格情報が少ないため一般的な相場感覚を持ちにくいことや、それに合わせて 「 身内の死 」 という冷静な判断を行いにくい精神状態のもとで契約せざるを得ないという特殊な状況から、納得のいかない、不満を残す葬儀が行われてしまうのである。
本来、葬儀をコントロールすべき喪主が、葬儀社主導によって、葬儀をコントロールできなくなっている現状が存在します。