市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

最近の葬儀事情

第2章  現在の首都圏の葬儀業者
第3節  葬儀社の顧客を獲得する仕組み

次に、葬儀の数が増えても、遺族と契約を結ばなければ、葬儀社は儲けをうむことはできない。特に都市部の葬儀社の、遺族から受注を受けるシステムを検証していく。
葬儀業者も他の業種と同じように、顧客の獲得が悩ましい課題であるようである。広告や看板などを出し販促を行っているが、実際は人々にその葬儀社のイメージを植え付けることくらいしかできず、直接的に購買行動に移るというものではない。しかし一部の葬儀社はもっと確実性の高い顧客を確保する方法を行っている。それは病院と警察の指定業者になり患者が亡くなった際に病院が指定葬儀業者を紹介してくる、というシステムを利用することである。病院と葬儀業者は常に一心同体の関係で、顧客獲得の確率は他の方法と比べて極めて高いと言える。また、事故や事件などでの死亡の場合は警察指定の葬儀業者となるが、それも同様のシステムであるしかし病院あるいは警察の指定葬儀社になるには、24時間 365日いつでもすぐに対応できる (遺体の運搬葬儀の打ち合わせなどを行える) 専従者を常時1~2名待機させておく必要があり、指定葬儀者には、いつでも顧客を獲得できるメリットはあるが、それだけ人件費も多くかかるというデメリットもある。それゆえ、資本力のある大手の葬儀業者しかできないという現象が生まれてきている。