市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

最近の葬儀事情

第1章  葬儀の歴史
第1節  葬儀の成り立ち

日本では縄文時代、弥生時代は、まだこの頃は権威が高い者にしか葬儀が行われておらず、一般の国民にも葬儀という執り行いが広がっていくのは、鎌倉時代に入ってからになる。鎌倉幕府発足当初は、 「親の遺体を道端に捨ててはならない」 というお触書をなんども出したが、遺棄葬儀がごく普通の時代でもあった。しかしそれではあまりにも死者が可哀相であるというので、幕府は寺院を介し親孝行の実践として葬儀 (京都郊外の鳥野辺などの火葬) を推奨させた。しかしこの時代は、まだそれを執り行いができるのは貴族や武士など比較的裕福な階層が殆どで、貧しい農民にはまだまだ浸透していなかった。
国民全体に葬儀が浸透していくのは、江戸時代に入ってからになる。江戸幕府はキリシタンの弾圧を目的とし、仏教の僧侶に葬儀をやるように命じ寺請制度を強制した。国民にとっては、寺院を介して葬儀をおこなうことがキリシタンではないと証明できる唯一の方法であったため、急速に日本全土へ浸透していき、またそれからというもの、葬儀は寺院が執り行うものとなっていったのである。現在、日本人の葬儀は寺院の僧侶が執り行うものとなっていったのである。現在、日本人の葬儀は寺院の僧侶が行うものという固定観念があるが、実は江戸時代から始まった、比較的新しい者である。