市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

最近の葬儀事情

第2章  現在の首都圏の葬儀業者
第2節  現在の首都圏の葬儀業界

では現在の首都圏の葬儀市場にはどのような傾向があるのだろうか。今首都圏の市場の動向を推しはかっておこう。
2005年度の首都圏の死亡人口は、埼玉 48,095人、千葉 44,021人、東京 93,599人、神奈川58,801人で、合計244,516人となり、同時に約 244、516件の葬儀が行われたことになる。
また2005年度の全国葬儀人口は、1,083,796人であるので、首都圏は、全国の約1/4を占めていることが分かる。
たった5都県で1/4を占めていることは、首都圏の葬儀業界競争の激化を示唆している。葬儀社は行政庁による許認可は必要ないので、性格に把握するのはとても困難であるが、都市部の葬儀社は現在約500社が存在するといわれている。
また、地方と都市部の葬儀では、地方から都市部へ行くにしたがい、葬儀の規模が小さくかつ費用も小さくかつ葬儀費用も小さくなる傾向が強いようである。
そして地方の葬儀では、まだまだ地域に土着している業者に依頼し、自宅で葬儀を行う場合が大半であるようです。
都市部の、葬儀規模も葬儀費用もさがっている理由としては、(1)ユーザーの経済感覚に変化がみられること、(2)核家族化、あるいは少子高齢化の進行、(3)都市部を中心に親族、近隣との関係が希薄化、(4)新興企業などによる葬儀料金の明確化(葬儀料金のパッケージ化)などの要因が考えられる。