市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

最近の葬儀事情

第2章  現在の首都圏の葬儀業者
第1節  現在の日本の葬儀の規模

では現在、日本の葬儀の実態はどうなっているのだろうか。まず日本全体の葬儀市場の規模・価格などの面から見ていく。日本全国の葬儀市場規模であるが、現在の葬祭業者1社あたりの平均年商規模である1億1千万円に参入企業数 6,500社をかけ合わせた7,000 億円強に、ギフト、バス等の運送、飲食などのサービス費用までを含めたものと考える。
これらサービス費用の平均単価は約65万円と推察されるのでこれを加えると1葬儀1件当たりの平均単価が約165万円となる。2004年の死亡人口が102万人であることから日本全国の市場規模は165万円/件x102 万件=1兆6,830億円と算出できる。これは、近年注目を集めるサブカルチャ―市場、つまりマンガ/アニメ/ゲームなどの巨大市場と並ぶものとなっている。また、日本国内の葬儀人口は 2005 年実績の 107万 7千人から2035年には170万人へと増加すると予測されており、葬儀件数は今後確実に増加傾向にあるとみられている。