市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

最近の葬儀事情

第1章  葬儀の歴史
第2節  現在の葬儀のスタイルが出来上がるまで

明治時代に入ると、近代化政策から、特に都市部の葬儀の様子は大きく変わっていく。その中でも大きく変化したことは、葬儀に対し宗教性よりも世俗性が勝っていくことである。明治時代の葬儀の特徴は、自宅から葬儀場へ遺体を運ぶ葬送時の長い立派な葬列にあった。
とりわけ有名人の葬儀にあっては、江戸時代の大名行列さながらの華美・盛大な葬列が人気であった。
新聞各紙はこの葬列に目を付け、現代のテレビのワイドショーのように大きく紙面をさき、現場取材に力を入れた程である。
明治時代以降は、この 「葬列」 の事例にみられるように、本来宗教的な儀式よりも習俗的に自由な形式化が進み、その意味で葬儀の自由度が次第に高まっていく傾向が形作られたのである。
近年では更に葬儀の自由度は高まっており、例えば1991年8月、モーター界の世界ブランド 「ホンダ」の創業者である本田宗一郎氏が逝く際には、 「クルマ屋が交通渋滞を招く葬儀なんかやれない」 と、当時行うのが当たり前だった社葬を拒否し、 「お別れ会」 という会が催された。喪服もなし、焼香もなしで、モーツアルトの楽曲が流れる中、本田氏の人生をたどるビデオがモニターに映し出され、参加者同士が談笑するという和やかな会であったとされている。
このころから徐徐に葬儀業界はサービスも重視される業界になり現在の葬儀では故人葬、友人葬、家族葬、宇宙葬、市民葬などの、遺族の価値観にあった葬儀を選べる制度を実施している企業が多数存在している。
このように、日本の葬儀は江戸時代に確立した儒教・仏教を中心とした儀礼から時代背景によりその宗教色が薄まり、習俗性が高まることで大きく変化してきたのである。