市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

死亡(遺体の処置)死装束を着せる

昔からのしきたりでは、仏式では経かたびら、神式では白い小袖を着せましたが、現代では、
故人が着ていた衣服を左前に着せ、葬儀社で用意してくれた経帷子、又は小袖を上からかける
程度になりました。
葬儀社で用意してくれる経帷子は、このほかに手甲脚絆、白足袋、わらじ頭陀袋、
三途の川の渡し賃六文銭を印刷した紙、数珠などがセットになっています。
一般的には喪家で用意する必要はありません。
昔ながらの経かたびらは、白木綿をはさみ使わずに、引き裂いて短めの対たけに裁ち、肉親の
性何人かで、結び玉をつけずに、ぬい放しにして作ったものです。
これを左前に着せ、手甲脚絆をつけ、白足袋、藁草履を履かせ、胸に六文入れた頭陀袋をさげ、数珠をもたせたものです。つえ編み笠などを用意することもあります。
地方によっては、現在でも昔ながらのしきたりどおりに、死装束を着せて葬儀を行っているころもあります。