市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

法要 (中陰) 「さいたま市、上尾市、 市民葬の市民葬祭」

「中陰」
古代インドでは人間は輪廻転生すると考えられていました。誕生の瞬間が生有、生きている間が本有、死の瞬間が死有、死んで次の生を得る間の期間を中有あるいは中陰と呼び、中有は49日間であるとされました。
葬儀後、7日ごとに法要を行い、七七日を満中陰といいます。
この49日間は、死の穢れが強い時期ということで、遺族は祭などに出ることなく謹慎して家にこもります。
これを「忌中」といいます。葬儀後、四十九日が過ぎるとしたがって「忌明」となり、日常生活に復帰しました。
葬儀の後の忌中も忌明も死穢観念からでているものですが、一方では遺族にとっては精神的に打撃をうけている期間げもあります。そこで遺族が日常生活から離れて死者の弔いに専念し、次第に精神的傷を癒し日常生活に復帰するプロセスでもあると考えることができます。葬儀後、7日事に集まり法要することは、死者を弔うと同時に、周囲の人が遺族の悲しみを思いやることでもあったと思います。
葬儀の後の忌明法要は三十五日でおこなわれることもよくあります。忌明け法要をもって本来は「精進落とし」となっていました。また、忌明けで中陰壇をかたずけますが、これを「壇ばらい」「壇引き」とも言います。それまで使用していた白木の位牌は檀那寺に返し、漆の塗り位牌を作り仏檀に納めます。また神棚の白紙などを取り除き神社へお参りすることを「晴詣り」と称して推奨されることがあります。
「忌中」に対し、「喪中」は1年間(13ヵ月)を指します。中国の儒礼(儒経)の儀礼)では三回忌を大祥忌といいそれを持って日常生活へ復帰していたように、死後(葬儀後)1~2年の間は遺された者の死者への想いが息づいる期間でもあります。遺族の心理的なプロセスを考えると葬儀(葬式)あるいは喪中は一周忌または三回忌あたりまで続いていると理解してよいでしょう。