市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

法要 (法事の営み方) 「さいたま市、上尾市、葬式の市民葬祭」

「法事の営み方」
葬儀の後、身内だけで営む時は電話連絡でもよいでしょうが、四十九日、一周忌、三回忌など、関係者に集まっていただくときには案内状を出し、出欠の確認をします。
接待客の範囲には決まりはありません。故人との関係、家庭の事情を考慮して慎重に決める必要があります
場所は寺院、斎場、自宅、最近では料理屋、ホテルも使用されることがあります。
葬儀後の法要を自宅で行う場合、仏檀のお飾り(荘厳)をします。打敷を敷いて、五具足で行うのが正式とされています。香炉を中央にし、その左右に花立て、外側の左右に燭台を置きます。供物は仏飯、餅、菓子、果物などです。供える花は葬儀後、三回忌までは赤など華美な花は避け、ロウソクも白を原則とします。葬儀後の故人の位牌、過去帳を仏檀の最下段に安置します。
参列者からの供物は、仏檀の両脇などに白布で覆った小机を用意し、そこに置きます。また焼香台を用意します。
先に関係者が着席し、僧侶を迎え、読経、焼香、法話が行われます。自宅で行うときに、家族が会食の準備をしていて席につかないことがありますが、本来はそろって勤めるものとされています。法要が終わると、会食となりますが、これを「お斎」といいます。施主が挨拶し、食事となります。このとき僧侶を上席とし、家族は末席となります。お斎の食事はかつては肉食を避けて菜食の精進料理でしたが、現在ではあまりこだわらないとされています。
葬儀後の法要の参列者には帰りに引き物(お土産)を渡す慣習があります。