市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

火葬   (拾骨)    「さいたま市、上尾市 の家族葬は市民葬祭へ」

拾骨
遺体を火葬(「荼毘」と言います)した後の拾骨を骨上げ、拾骨とも言います。遺族による拾骨は日本独特の儀礼と言われています。このため欧米では葬儀後の骨の原型が残らない骨灰になるのに対し、日本では形がきれいに残るように焼くことが大切とされています。
拾骨は、昔は一人が箸でもった遺骨を順に次の人に渡していく形だったようですが、現在では2人でひと組になって葬儀後、遺骨を拾います。竹と木の1本ずつで行うところや、竹2本と木2本で行うところがあります。地域によっては組合せの違う(竹と木)2本の箸を使って1人で拾うこともあります。また、葬儀後。男性が左、女性が右に箸を持ち組みになって拾骨するところもあります。
「箸渡し」は「箸」と「橋」の音が共通なところから、葬儀後、故人をこの世からあの世へ、三途の川の渡しをしてあげるという思いからきていると言われています。葬儀後、皆で送ってあげようという気持ちの現れでしょう。
拾骨は関東など全部の遺骨を拾骨するところ、関西など「喉仏」(白骨とも言う。実際は第二頸骨) や歯骨など一部を拾骨するところなど、地方差があります。全部拾骨の場合には、足、腕から順に頭部まで拾い、最後に喉仏(白骨)を拾います。
葬儀後に分骨するかいなかは事前に申し受けておいて、必要な場合には分骨容器を用意しておきます。