市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

現代の葬儀事情   「 葬儀費用の追加支払いが多くなった 」 例

「 葬儀費用の追加支払いが多くなった 」  例
「 お父さんが余命1ヶ月と宣告されたAさんが、新聞の折り込みチラシを
みていたら、ある葬儀社の広告で ( 葬儀一式35万円 )と 書いて
あるものを見つけた。 
これは安いと思った A さんは実際にその葬儀社へ電話をかけてみた
ところ 「 ええ、うちは最低限それでやっていますよ 」 という答え
だったので 「 35万円だったらちょっとオーバーしてみてもなんとか
なるな 」 と安心し、その広告のセットでお願いすることにした。 
しかし、いざ葬儀が終わって、葬儀社が持ってきた請求書は100万円を
超えていたのだ。 A さんは事前に葬儀社に問い合わせをし、金額の
確認をして広告に書いてある通り「 葬儀一式35万円 」 でやってい
るとの回答をもらっている。 
にもかかわらず、なぜ3倍もの金額を請求されることになったのか 」
この事例のポイントは、広告に書いてあった 「 葬儀一式 」 という
言葉である。 
A さんと葬儀社とでは「 葬儀一式 」についての認識がずれていたの
だ。 
私たちの多くは「 葬儀一式 」といわれたら「 葬儀に必要な全て 」 と捉えるだろう。
しかし、葬儀社にとっての「 葬儀一式 」とは 祭壇、お棺、人件費  を中心とした 「 自社で提供する部分だけ 」 を指しているケースが
 多く、私たちが考えるそれとはまったく別の意味をもっているのである。
 しかし実際お葬式をするには、斎場使用料、火葬料、霊柩車や搬送車両
 関係、つやぶるまいや、精進落としなどの飲食接待料や返礼品などの  「実費費用」といわれているものが必要なのであり、その「実費費用」 と 「 お布施 」 分を含めたものが 「 総葬儀費用 」 となるのだ。 前述したように 「 葬儀一式 」 という言葉の認識が消費者と葬儀社 間でずれていた為、このようなトラブルが起きたのである。