市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀       ( 葬儀に使用する棺 )

葬儀に使用する棺を表す言葉
現在、葬儀(葬式)に使用する「ヒツギ」には棺と柩の2通りの表記があります。
葬儀(葬式)ではこれをあえて厳密に区別すると、物としてのヒツギが棺で、遺体が納められた状態の棺を柩と書き表す。
葬儀(葬式)のときの「霊柩」という語は、遺体が入棺された状態を表します。
葬儀(葬式)で古く座棺として使用されたのは桶でした。
オケやコガ(桶の別称)、特にハヤオケ(早桶、死ぬと急いで作られることからこう呼ばれた)は棺を指す語として使われました。
さらに、由来についてはよくわかりませんが、フネ(船、舟)も葬儀(葬式)では棺を表す言葉として使われています。
また、葬儀(葬式)では昔は「龕」という表現も用いました。
「龕」は棺、柩のことを表すだけでなく、棺を納める輿を意味することもあります。
葬儀(葬式)では英語で棺はコフィンです。
現在の米国で使用されている棺はキャスケットといわれます。
キャスケットは「宝石の小箱」「貴重品入れ」かく大理石製など葬儀(葬式)では多様なキャスケットがあります。