市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀の知識       ( 葬儀、告別の方法 )

「焼香の宗派による違い」
葬儀の時仏教の主たる宗派の焼香の仕方を以下にまとめてみます。
「天台宗」   葬儀の時の焼香の回数については特に定めがない
「真言宗」   葬儀の時の焼香の回数について通常3回、仏、法、僧に供養すること、身、口、意の三密修行に精進すること、戒香、定香、解脱香といって、自らが戒律を保ち、心の静寂を求めることができる功徳がある、と説明される。
「浄土宗」   葬儀の時の焼香の回数について特に定めがない「真心をこめて一心に」で1回、「身を静めて1回心を清めるのに1回」で2回、「仏・法・僧への帰依」「過去・現在・未来の衆生に回向」で3回など
「臨済宗」   葬儀の時の焼香の回数についてこだわらない
「曹洞宗」   葬儀の時の焼香の回数についてこだわらない
「日蓮宗」   葬儀の時の焼香の回数について通常3回、仏、法、僧の三宝供養とも、「空・仮・中の三諦」にならうとも言われる。
(以上の宗派のばあいには、葬儀の時香を額に戴いて焼香します。)
「浄土真宗」  葬儀の時の焼香の回数についてあくまで自分の身心を清めるためとも説明され、香を戴くことはしない。
本願寺は(西)では1回、大谷派(東)では2回とされている。線香を用いる場合には本数を気にせず、立てないで横にする。