市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀の知識       ( 葬儀の死亡広告 )

「 葬儀の死亡広告 」
次のような点に注意して、作成します。
1:葬儀式と告別式を分離して行う場合には、それぞれの時刻を表示します。
葬儀式の時刻だけを表示すると、一般会葬者にはその間待ってもらうことになるからです。
2:供花、供物、香典の扱いについて明記します。これらについて明記しない場合には「受け取る」ことを意味します。
3:一般に葬儀の死亡広告のばあいには、句読点を用いません。
4:例では故人名の後に「儀」をつけていませんが、一般的には小さく儀と付けることが多いようです。「儀」は手紙などで「私儀」と使い、「私こと」を意味しますから、葬儀の死亡広告で用いるときは「0000儀」は「0000こと」という意味になります。
但し、これが葬儀・告別式の門標などで「故0000儀葬儀式場」などとつかわれるのは誤用です。
身内に関する事ですから、もちろん「殿」「様」は用いませんが、故人を尊ぶ心理から何もつけないと落ち着かないと、「儀」が使われるようになったのでしょう。「儀」は葬儀の死亡広告では用いてもかまいませんが(用いないのも可)、看板などでは用いないほうが正しいと思います。