市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀の知識      ( 葬儀の時の香典 )

「 葬儀の時の香典の上書き 」
仏教葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいととされ、極端にはどの宗教でも葬儀(葬式)の香典は「御霊前」と書いてよい、との説明がされることが多いようですが、これは俗説で、誤りです。
浄土真宗では亡くなった方は即浄土に往生したのであり、「霊」は認めていませんので「御霊前」は用いません。
また、「特にこだわらない」とするものの、曹洞宗などの禅宗では教義に「浄土」はありませんので「成仏以前」とするのが一般的です。
死者に香典を出すのではなく「本尊である仏様に捧げる」という意味であるなら「御仏前」になります。
キリスト教でもカトリックは葬儀の時 「御霊前」 を許容していますが、プロテスタントでは否定しています。
こうしたことから言えば、「御香典(香典)」「御香資」「御香料」は中立的な表現になります。
また、キリスト教葬儀でで「お花料」、神道で「玉ぐし料」「雄榊料」とするのは「御香料」などと同じ扱いです。
しかし、葬儀のとき会葬者の立場に立つと、必ずしも喪家の宗教・宗派を理解したうえで会葬するとは限りませんので、自らの宗旨で上書きを選択してもよいでしょう。