市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀の知識     ( 葬儀の時の香典 )

「 葬儀の時の香典の意味 」
葬儀の時食料香典の由来は、仏教的には香が「仏の食べ物」という意味から転じて「食料」になったものと考えられますが、げんじつてきには葬儀で食事の振る舞いが盛んに行われたことにもとめられます。
葬儀の期間、地域の共同体に属する人々は子供も含めて喪家の振る舞いに与かり、自分の家では食事をしなかったという記録もあります。
喪家では死者の成仏を願い、滅罪するための布施として人々に食事をふるまいました。
現在でも「ホトケの供養になるから」と食事の席に連なることが求められるのは、このためです。
葬儀の時振る舞いのための食料を用意する必要から、親族は多量の食料を提供しました。
これが「親族香典」です。
かつては忌みの観念が強かったため、親族香典は忌のかかる程度に比例した香典、つまり故人との血縁の親疎に比例して葬儀に香典をだしたとも説明されています。また近隣の人々は自分たちの食する分をもちよりました。
これが「村香典」です。
現在でも親族の香典は多額で近隣の人々の香典は小額なのが一般的です。
葬儀(葬式)を出すと近隣の人々に振る舞いをしなければなりませんでしたが、これは多額な出費となりました喪家やその親族の負担は大きく、貧しい家では「葬儀(葬式)を出せないという事態も出て、香典はそうした状況に対応する相互扶助としての意味ももっていました。
今でも地方の古い家では、かつて自分の家で葬儀(葬式)があると、前に自分の家で葬儀(葬式)があった時にその家が出してくれた香典と同等の金額を送るということが行われています。