市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀の知識 (香典) 「さいたま市、上尾市、葬儀の市民葬祭」

「香典の歴史」
葬儀の時「香典」はかつては「香奠」と書きました。「香を供える」という意味です。これから転じて、香を買う代金である「香典」「香資」「香料」になりました。
仏教民族学者のい五来重氏は、元来は墓に香花(=樒)を捧げた事に由来するのではないかと推察しています。また宗教学者の藤井正雄氏は六種供養(仏を供養する華・水・焼香・灯明・飲食の六種)に由来すると説明しています。
室町時代後期には武士が葬儀で金銭香典を出した記録がありますが、農村部において香奠とは、長い間米などの食料を持ち寄ることでした。その後、都市では明治期に葬儀で金銭香典が一般的になりましたが、地方で葬儀の時、金銭香典に移行し始めるのは大正期あるいは昭和初期からのことです。戦前までは米などの食料香典もまだまだのこっていました。貨幣経済が発達するようになって、葬儀で金銭香典つまり香典、香資が一般的になりました。