市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀・告別式 (葬儀式と告別式) 「さいたま市、上尾市 の葬式は市民葬祭へ」

葬儀式と告別式

葬儀・告別式は、古くは、自宅での出棺の儀礼の後、葬列(野辺の送り)を組んで葬場の行き、葬儀式を行い、火葬ま    たは土葬をしたというのが一般的であったと思われます。葬列がなくなって、自宅での儀礼と葬場での儀礼が一体化したこ   とにより、現在の葬儀・告別式が誕生しました。

葬儀・告別式は、葬儀式と告別式という本来は違った性格の儀礼が合体したものです。

葬儀式は死者をこの世からあの世に引き渡す宗教的な儀礼であり、告別式は会葬者が遺族に慰めの言葉を寄せ、一人一人焼香または献花して死者に別れを告げる儀礼です。告別式は故人の知り合いの人たちが弔問する場を儀式として組織したものです。したがって、葬儀式は宗教儀礼であり、告別式は社会儀礼であると位置ずけることが可能でしょう。

ところが、現代にあっては参列者が忙しい、火葬の時刻が決まっているなどの理由から、葬儀式と告別式とをあわせて1時間程度で済ますことが要請され、葬儀式と告別式の同時進行が一般的となりました。

葬儀式の最中に会葬者による告別の焼香が行われるようになって、告別式の位置ずけが強まり、逆に葬儀式の位置ずけは弱まる傾向にあります。社会儀礼としての告別式の位置が高まることにより、「何のための葬儀か」という批判もおきるようになっており、葬儀式と告別式のありかたについては再考をようする時期にきています。

故人に想いを集中して葬儀式に参加するべき遺族が、告別式が同時進行していることから、会葬者への答礼に忙しくしているケースを見かけることが多いのは問題であるとおもいます。

葬儀式と告別式の分離、区分は真剣に考えられるべきことであると共に、運営に関しては機能の違いを充分に考慮したいものです。

大規模葬儀に見られる「密葬ー本葬」方式、最近流行の「密葬ーお別れ会(しのぶ会)」方式は、機能から見れば葬儀式と告別式を分離して行おうとするものと理解できます。