市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀事前相談 (開かれた業者として) 「さいたま市、上尾市、市民葬の市民葬祭」

「開かれた業者」として」
消費者は、地域で良く知っている葬儀業者がいる場合には別として、家族が亡くなってあわてて葬儀社選びをします。特に大都市の場合には普段から葬儀社を知っていることは少なく、前に葬儀を依頼した経験がある場合は別として、親戚、知人が紹介してくれた葬儀社、病院から紹介された葬儀社、たまたま近所にある葬儀社はたまた電話帳で調べた葬儀社に依頼するケースが少なくありません。葬祭業者はサービスを提供し、消費者はそれを選んで葬儀を依頼します、という通常では当然の消費行動がとられることが少ないのが葬祭業者選びですこれが消費者からさまざまな不満(なかには葬儀社に対して誤解もかなり含んだものがあります)が寄せられる
原因の一つになっています。
不満の原因は「事前に葬儀社をきちんと調べて選ぶ」という消費者であれば当然すべき行動をしていない消費者にもありますが、、同時に、消費者の事前の調査、選択に対して必ずしも門戸を解放していない葬儀社側にも責任があります。従来は「待ちの商売」と言われ、それは、他人の不幸につけこむことをしないという葬儀社の倫理のようなものでもありましたが、これからは消費者に開かれた葬儀社でなけれがなりません。
求められれが事前に消費者に情報を開示して、選んでもらうことが必要です。納得して自分で選んだ葬儀社であれば消費者も安心ですし、両者の間での齟齬も少なくなるでしょう。また選ばれるに足るだけの葬儀社になるという努力も必要となりますから、より消費者志向に葬儀社を変えていくこともでき、経営体質も自ずと葬儀社は強化されていくことでしょう。
消費者は今、葬儀(葬式)に関心を寄せるようになっています。「事前に葬儀(葬式)のことを考えるなんて縁起でもない」という考えもまだあるものの、近年その意識は急速に変化しています。1995(平成7)年の日本消費者協会の調査によると、「葬儀(葬式)について知りたい、相談したいときの相談先」という質問に対して「葬祭業者」と回答した人は26,9%で、増加の傾向にあります。事前相談をうける姿勢、消費者に開かれた姿勢がこれからの葬儀社には必要です。