市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀後の 法要 ( 葬儀後の死者供養の仏事 )

「 葬儀後の死者供養の仏事 」
日本人は死者供養を大切にしてきた民族であると言えます。
歴史的には、中陰の葬儀後の七仏事(初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日)はインドに起源をもちます。中国に仏教が伝わり、百ヶ日、一周忌、三回忌(満2年)の三仏事が加わり十仏事となりました。さらに日本で七回忌、十三回忌、三十三回忌が加わり十三仏事となり、近年に十七回忌、二十五回忌、が加わり、十五仏事となりました。
しかし、葬儀後の十五仏事は完全に一般化しているとは言えず、二十三回忌、二十七回忌などに回帰法要営むこともあります。七回忌の後が十三回忌なのは七回忌の7年目であたるため、それに引き続く十七回忌は7の数字がつくからといわれます。  五十回忌以降、50年ごとに行われる法要を遠忌と言い、宗派の祖師の場合などに限って営まれています。
遣された者が、生ある限り、葬儀後も亡くなった人の事を覚え、その生を大切にして、感謝して生きる、亡くなった人との関係をずっと維持しようとするのが日本人の特性の一つと言えるかもしれません。
ちなみに葬儀後の弔い上げは三十三回忌または五十回忌をもって行いますが、日本人は古くから33年または50年をもって死者は個性を失い、祖霊(先祖)になる、「ホトケがカミになる」と考えてきました。
このことから弔い上げをもって仏檀から戒名記した位牌をかたずけ、それ以後祀るのは「00家先祖の霊」の位牌になります。