市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀後の法要   ( 十王信仰 )

「 十王信仰 」
葬儀後死者は7日ごと,百ヵ日、一周忌、三回忌に十王の審判を受けるが、遺族の追善供養の力により地獄に落ちることをまぬがれるという十王信仰が日本で広まったのは11世紀以降と言われます。
これは偽経と いわれる「地蔵十王経」が非常にもてはやされたことによります。10世紀ごろ中国で作られた「 十王経 」の影響を受けたもので、そこから閻魔王が死後の世界の支配者、審判官であるとの信仰と道経などが混じり合った十王信仰が生まれたと言われています。

葬儀の後初七日には泰広王(本地、不動明王、本地とは「おおもとの仏」の意)の審判を受け、行方定まらないものは三途の川を渡り、二七日に初江王(本地、釈迦如来)の審判を受け、ここでも定まらないと順に、三七日に宋帝王(本地、文殊菩薩)、四七日に五官王(本地、普賢菩薩)、五七日に閻魔王(本地、薬師如来)の審判を受けます。この王の下で地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六道のいずれか決定されるので、四十九日の葬儀後の追善供養は特にねんごろに行う必要があると説きます。
これでも行方が定まらない と百ヵ日に平等王(本地、勢至菩薩)、の下に行くとされますが、これはひとえに遺族の葬儀後の追善供養のおかげで、一周忌の功徳により三回忌の五道転輪王(本地、阿弥陀如来)におくられます。そして充分に葬儀後の意追善供養をすれば成仏できる、としています。