市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀後の 撤収 ( 葬儀後の後飾り )

「葬儀後の後飾り」
葬儀、告別式が終了後、火葬場から遺骨が戻って安置出来るように後飾り(中陰壇)をします。
葬儀後の後飾りは、小机に白布をかけ、三具足(燭台、香炉、花立て)に遺骨、位牌、遺影が載せられるようにするのが一般的ですが、ところによっては初七日までは葬儀祭壇をそのまま使用することもあります。

地方差があり、決まりがあるわけでもありませんが、一般的な葬儀後の後飾りは次のようになります。

葬儀後の後飾り祭壇の上段に遺骨を置き、その前に位牌、下段に遺影をおきます。遺影の前には中央に香炉、向かって右に燭台と鈴、左に花立て、両サイドに供物を置きます。
グラスに水をいれ、位牌の前に置くことがあります。後飾りの周囲には葬儀に使用した生花や供物を整理して適宜並べます。

葬儀のときの生花や供物は部屋の大きさに合わせて整理するとよいでしょう。

葬儀後の後飾りする場所は仏間であれば仏檀の前か横、あるいは居間の床の間などがえらばれます。
床の間などの場合、後ろに十三仏の掛け軸をかけることがあります。
燭台、鈴は仏檀のものを使用し、香炉は葬儀社が用意し(燭台、鈴、香炉も葬儀社が用意するところもあります。)忌明けまで貸すなどの方法がとられることがあります。
香炉は葬儀社が用意し、忌明けまで貸すなどの方法がとられることがあります。但し、浄土真宗の場合、また地方によっては中陰壇と仏檀の仏具とは 区別しています。