市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

葬儀後の 精進落とし (葬儀後の精進落とし)の意味

「葬儀後の精進おとし」の意味
火葬後、または葬儀・告別式の終了後に設ける宴席を一般には「精進落とし」と言います。
ただし、浄土真宗では「精進落とし」とは言いません。葬儀・家族葬の後、地方によって、「精進揚げ」「忌中祓い」「精進落ち」「お斎」「直会」「仕上げ」 などと呼ばれています。
葬儀で関東では、通夜振る舞いや精進落としの宴席を「お清め」と呼ぶ事がありますが死穢を祓い清めるといういみですから、あまり適切な表現とは考えられません。

元来、葬儀、葬儀後も魚や肉などを食べずに精進した中陰の期間に区切りを付け、日常生活に戻ることから精進落としと言われ、魚や肉などの「なまぐさもの」が出されました。
葬列を始める前に死者との食い別れの宴席を設けたこと、葬儀後に手伝ってくれた人にお礼の振る舞いをしたこと、の2つがこれに合体したものと考えられています。
これが,各地から集まった人が長い間は滞在できないこともあって、火葬または葬儀・告別式に行われるようになったものと思われます。
この宴席の意味は大きく2つあります。
1: 葬儀、家族葬共、僧侶などの宗教者、手伝ってくれた方への感謝の席
2: 葬儀、家族葬共、故人をしのんで食事をし、話をし、交わる席
地方によってさまざまな呼び方があるのも、どの意味を強調するかによって変わっているものとおもわれます
この様に、葬儀・家族葬の現在の宴席はいくつかの意味が合体したり、変容した者ですから、現代的な表現をとるなら「感謝の会」(席)」「偲ぶ会となるでしょう。