市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

通夜 (現代の通夜) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ」

親族も地元にいるとは限らず、また、いろいろな人に連絡する都合もあって死の当日は「仮通夜と称して家族で死者を守り、葬儀・告別式の前日を「本通夜」とするケースが多く見られます。
(本)通夜は夜の6時〜7時の1時間程度を僧侶の読経と弔問客による焼香にあて、終了後弔問客に対して「通夜振る舞い」の酒や食事を供し、1〜2時間で順次散会、あとは遺族や身近な者だけで死者を守る、というものが一般的です。
都会では、仕事の都合から昼間仕事を休んで弔問するよりも、昼間の弔問が便利という事で、通夜の参列者が告別式の参列者よりも多くなるという傾向がありこれが、全国的に広まりつつあります。この事から、通夜が告別式並みに営まれることが多くなり「通夜式」なる表現も現れてきて論議を呼んでいます。