市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

飾り付け (飾りの歴史)

最近、通夜が告別式同様に会葬者の弔問を受ける場に変化してきたことから、通夜でも葬儀、告別式と同じ祭壇を飾ることが多くなってきました。
しかし、今でも通夜のときには祭壇を飾らないという地方があります。
もともと通夜は、遺族にとっては死を完全には受容したことはいいきれない、生と死の境界にある時間です。
ここで正式の祭壇を飾ると死をはっきり認めたことになるというので避けられたのでしょう。
通夜では喪服を着用しない、香典を持参しない、持参するなら「お見舞い」とする、などとされたのも同じ理由によります。
歴史的には、自宅では棺の前に枕飾り(あるいは多少プラスした飾り)を置いて死者を守り、葬儀当日に出棺、
葬列を組んで寺院(あるいは火葬所の葬場)に赴き、そこに遺体を安置し、葬列の道具である野道具を立てかけて葬儀をしました。
この枕飾りと野道具の2種類の飾りが合体したのが、現在の祭壇と考えられます。
したがって、通夜のときには棺の前に枕飾りをそのまま、あるいはそれを多少手直しした程度の飾り付けを行うことがあります。
また、葬儀、告別式は寺院で行うため、自宅には「自宅飾り」を行い、寺院では別に「寺飾り」と称する飾り付けを行うことがあります。
飾りは宗教宗派や地域によっても、あるいは、遺族の考えによっても変わるものですから、注意と確認が必要です。