市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 最初から最後まで心からサポートするさいたま市の葬儀社 市民葬祭です。
  • 市民葬祭は病院からの搬送、葬儀、火葬場案内、自宅の後飾りまで同じ人が担当いたしますので、お客様の身になって心からサポートしております。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 安心と真心の市民葬祭 「 見積もり」
  • さいたま市 見沼区の市民葬祭は見積もり内容を明確に安心と真心をモットーに日々努力いたしております。
    「見積もり」 (見積)
    施工料金には含まれない建て替え料金について説明します。
    (霊柩車、火葬、マイクロバス、式場使用料、など)。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀設営の幕張 (作業場の注意)
  • 幕は基本として真ん中から左右に張ります。
    これは布の重さを分散するのと、片側だけに偏って引っ張り過ぎない為です。
    ひだ幕には縦ひだ張りがあります。これに対して、平面的に張るものを「平幕」と呼びます。
    横ひだ張りで平幕の約3倍の量の幕が必要です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀設営の幕張 (鯨幕)
  • 一般に面積があり、重いため、しっかりと留める必要があります。
    他の幕と同様ですがたるみや緩みがないように注意します。
    張った後に平行、直角に張られているか、縦縞が垂直になっているかてんけんします。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (通夜の準備)
  • 通夜の準備
    1:飾り付けの確認をします。
    2:受付、案内、供養品渡し、料理の手配、などの役割の確認をします。
    3:遺族そのたの着席場所を確認しておきます。
    4:夜間ですから照明も含めた案内の確認をします。
    5:宗教者と進行を確認しておきます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • さいたま市、上尾市のご葬儀は地元の市民葬祭へ     「 納棺」
  • さいたま市 見沼区の市民葬祭 はさいたま市、上尾市を中心にご葬儀をおこなっております。

    「納棺」 (遺体取り扱いの公衆衛生上の配慮)
    湯灌、納棺などの遺体処置、取り扱いの際には、安全のための対策を軽視してはなりません。
    体液や血液が漏出しているにもかかわらず、素手で作業することが遺体を大切に扱っていることになるという誤った考えはまだまだ多いようです。
    しかしこれでは感染する惧れがあります。
    むしろ衛生上の配慮をきちんとして作業に当たることが専門家としての正しいあり方です。
    遺体処置にあたっては衛生上白衣の着用が望ましいのですが、少なくとも使い捨てマスク、使い捨てビニール手袋は必ず着用します。
    手指に傷がないかを確認し、傷がある場合にはビニールを二重にします。
    目に見えない穴がある可能性があるからです。
    取り扱い後にはうがいをし、流水で手を良く洗い、消毒用アルコールで消毒します。
    体液や血液を拭いた脱脂綿やタオルなどはビニール袋にいれて持ちかえり、焼却するか医療廃棄物として処理します。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀、葬式の費用の節約は「 見積もり」
  • 葬儀、葬式の費用の節約は本当に大事な物に費用をかけて葬儀を行いますとよい葬儀が行えると思います。

    「見積もり」 (見積)
    セット内の一部を取り換える場合、削除する場合の措置を説明します。
    (棺だけを取り換える場合、差額請求方式か、セット用いられないか、など)

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • お客様の声
  • 「何も分らないところ、市民葬祭さんにお願いしました、本当に良かったです。
    一番心配していた料金も、良心的でリーズナブルで出来ました。
    式が終わり帰る折に祭壇の生花を束にして下さり親戚の人たちに渡して下さりまして、式も無時にすみほんとうにありがとうございました。」

    葬儀社の私たちにとりまして有り難いお言葉です。
    これからもお客様の立場に立って努力いたします。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀設営の幕張 (作業場の注意)
  • 幕は基本として真ん中から左右に張ります。
    これは布の重さを分散するのと、片側だけに偏って引っ張り過ぎない為です。
    ひだ幕には縦ひだ張りがあります。
    これに対して、平面的に張るものを「平幕」と呼びます。横ひだ張りで平幕の約3倍の量の幕が必要です。
    縦ひだ張りは横ひだ張りよりさらに立体的な仕上がりとなり、装飾性が強調されます。
    また、その分、時間も幕の量もより多く必要です。
    円筒、二重円筒、半円筒などが組み合わされ、水引幕の代わりに、横ひだ張りは祭壇の背幕や脇幕として使用される例が多いようです。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (進行) 
  • 進行
    葬儀の通夜は歴史的にも変化してきたものですし、地域によっても営まれ方が異なります。
    そのことを前提として仏教式の一般的な葬儀、法要の進め方を以下に示します。
    1:時間がきたら遺族、関係者は着席します。
    2:導師が着席し読経が行われます。
    3:導師の指示により、遺族、関係者の焼香、弔問客の焼香が行われます。
    遺族関係者の焼香は回し焼香の事もあります。
    4:導師による法話が行われます。
    5:遺族代表があいさつし、通夜振る舞いの案内をします。
    6:通夜振る舞いを行い、弔問客は自由に散会します。
    7:最後は遺族・関係者のみによって遺体を守ります。(灯明、香は絶やさないようにします。)

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

全64ページ12345最後 »