市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 法要 (十王信仰) 「さいたま市、上尾市 葬式の市民葬祭」
  • 「十王信仰」
    死者は7日ごと,百ヵ日、一周忌、三回忌に十王の審判を受けるが、遺族の追善供養の力により地獄に落ちることをまぬがれるという十王信仰が日本で広まったのは11世紀以降と言われます。これは偽経といわれる「地蔵十王経」が非常にもてはやされたことによります。10世紀ごろ中国で作られた「十王経」の影響を受けたもので、そこから閻魔王が死後の世界の支配者、審判官であるとの信仰と道経などが混じり合った十王信仰が生まれたと言われています。
    葬儀の後初七日には泰広王(本地、不動明王、本地とは「おおもとの仏」の意)の審判を受け、行方定まらないものは三途の川を渡り、二七日に初江王(本地、釈迦如来)の審判を受け、ここでも定まらないと順に、三七日に宋帝王(本地、文殊菩薩)、四七日に五官王(本地、普賢菩薩)、五七日に閻魔王(本地、薬師如来)の審判を受けます。この王の下で地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六道のいずれか決定されるので、四十九日の追善供養は特にねんごろに行う必要があると説きます。これでも行方が定まらないと百ヵ日に平等王(本地、勢至菩薩)、の下に行くとされますが、これはひとえに遺族の追善供養のおかげで、一周忌の功徳により三回忌の五道転輪王(本地、阿弥陀如来)におくられます。そして充分に追善供養をすれば成仏できる、としています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 法要 (死者供養の仏事) 「さいたま市、上尾市 葬儀の市民葬祭」
  • 「死者供養の仏事」
    日本人は死者供養を大切にしてきた民族であると言えます。
    歴史的には、中陰の葬儀後の七仏事(初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日)はインドに起源をもちます。中国に仏教が伝わり、百ヶ日、一周忌、三回忌(満2年)の三仏事が加わり十仏事となりました。さらに日本で七回忌、十三回忌、三十三回忌が加わり十三仏事となり、近年に十七回忌、二十五回忌、が加わり、十五仏事となりました。
    しかし、葬儀後の十五仏事は完全に一般化しているとは言えず、二十三回忌、二十七回忌などに回帰法要営むこともあります。七回忌の後が十三回忌なのは七回忌の7年目であたるため、それに引き続く十七回忌は7の数字がつくからといわれます。五十回忌以降、50年ごとに行われる法要を遠忌と言い、宗派の祖師の場合などに限って営まれています。
    遣された者が、生ある限り、葬儀後も亡くなった人の事を覚え、その生を大切にして、感謝して生きる、亡くなった人との関係をずっと維持しようとするのが日本人の特性の一つと言えるかもしれません。
    ちなみに葬儀後の弔い上げは三十三回忌または五十回忌をもって行いますが、日本人は古くから33年または50年をもって死者は個性を失い、祖霊(先祖)になる、「ホトケがカミになる」と考えてきました。このことから弔い上げをもって仏檀から戒名記した位牌をかたずけ、それ以後祀るのは「00家先祖の霊」の位牌になります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • アフターサービス (仏檀、お墓) 「さいたま市、上尾市、 格安市民葬の市民葬祭」
  • 「仏檀、お墓」
    葬儀が終えて、仏檀がないお宅、お墓がないお宅が合った場合、それらについての情報を提供すると共に斡旋することもあります。宗派、考え方、予算などによりさまざまな選択肢がありますので、葬儀社の方は遺族の疑問に答える形で相談に応じます

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • アフターサービス (香典返し) 「さいたま市、上尾市、 格安家族葬の市民葬祭」
  • 「香典返し」
    葬儀の時、香典返しで大変なのは香典長の整理です。葬儀式の場で香典を返すという即返し(その場返し)の場合は別ですが、三十五日や四十九日の忌明けを期してお返しをする場合、関係や香典の金額によって返礼の品物を変えたりということがあります。
    最近ではパソコンを使ってご葬儀の香典長を整理するソフトもありますから、そういうものを用いて、葬儀の香典長整理のサービスをすることもできます。
    また、最近では葬儀の香典の一部あるいは全部をガン研究所などの医学施設や社会福祉施設に寄付する人も増えてきました。市町村の福祉課などが窓口となります。葬儀の名簿をもっていけば、挨拶状と共に発送もしてくれる所があります。その場合には、挨拶状に寄付金額を明示することも必要でしょう。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • アフターサービス (死後の手続き) 「さいたま市、上尾市、 格安葬式の市民葬祭」
  • 「死後の手続き」
    葬儀後、遺族にとって死後の手続きは複雑なもので、また精神的に立ち直っていない状況でおこないますからその負担はおおきなものがあります。
    遺族にまず必要な事は、葬儀後の死後の手続き関係で行わなければいけないものにどんなものがあるか、という情報の提供です。情報を提供した後は、その手続きの代行もあるでしょうし、税理士や弁護士など必要な専門家を紹介するということもあります

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • アフターサービス(有料、無料を明確に)「さいたま市、上尾市、 格安葬儀の市民葬祭」
  • 「有料、無料を明確に」
    葬儀後のアフターサービスを行う場合、どこまでが無料で、どこからが有料かを明確にする必要があります。
    有料の場合にはその都度に葬儀に関する見積書あるいは葬儀に関する価格表を提示して、遺族の了解のもとに受注することが必要です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • アフターサービス(アフターサービスの期間)「さいたま市、上尾市、 格安市民葬の市民葬祭」
  • 「アフターサービスの期間」
    葬儀後の正月、お盆などさまざまな疑問が遺族にあります。こうした相談に応じる、あるいは情報を提供することによって、遺族のたすけになることが必要です。
    葬儀後のアフターサービスの期間は、四十九日、一周忌、三回忌が1つの基準になります。メーカーの品質保障は1年間ですが、葬儀の場合は最短50日、最長2年が1つの目途になります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • アフターサービス  (事後相談)    「さいたま市、上尾市、 格安家族葬の市民葬祭」
  • 「事後相談」
    アフターサービスには、まず、葬儀後の相談をいつでもうけられる体制をとることが必要です。「葬儀の事でわからないことや、困った場合に、なんでも相談できる窓口を開いておくことです。
    葬儀のことで相談できる相手がいる、ということは遺族にとって心強いものがあります。精神的に困った時葬儀以外の話を聞いてくれる相手がいるだけでも違います。家族関係が複雑になると、家族にも心を開いて話ができないということもあるでしょう。第三者に対してのほうが話がしやすいということもあります。
    しかし、相談窓口が開いているだけでは、電話もかけてこられない、直接相談にいけないという人も少なくありません。そこで1カ月後の命日などに生花や線香を持参して、線香を上げさせていただきながら、「何かお困りのことがありませんか」と相談を促すこともできます。
    葬儀をやりっぱなしではないという態度が必要です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • アフターサービス(アフターサービスの位置づけ)「さいたま市、上尾市、 格安葬式の市民葬祭」
  • 「アフターサービスの位置づけ」
    遺族にとっては、葬儀は通夜、葬儀・告別式の2~3日で終わるものではありません。遺族は「喪」のときを過ごすことになります。四十九日までは7日ごとの法要もありますし、何よりも遺族は悲しみの中にあります。
    また、死後の煩雑な手続きも抱えています。
    こうしたときに従来であればフォローしてくれた地域社会、親族、家族との関係も変わってきて、悲しみにある遺族が何もかもわからないままに行わなければならない、という家庭も少なくありません。
    これからの時代は、セレモニーとしての葬儀をとどこおりなく済ませるだけでなく、遺族に対するアフターサービスをきちんとして、初めて葬儀サービスを提供したことになります。
    アフターサービスは、葬儀・告別式の法要や仏檀の受注を増やすという売上拡大の目的だけではなしに、サービスの受け手である遺族のニーズにこたえるものです。アフターサービスをしない葬儀社というのは商品を売り切り、後のフォローは何も行わない、無責任な葬儀社となりかねません。
    アフターサービスには手間がかかり、利益はないか、あってもその率は低いものです。しかし、これをきちんと行うことによって、遺族に対する葬儀サービスは完結し、長い信頼を獲得することになります。
    特にこれからの葬儀は、精神的な支えてとしての期待がいっそう増すことと思われます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 請求・集金 (領収書) 「さいたま市、上尾市の 格安葬儀なら市民葬祭へ」
  • 「領収書」
    葬儀社が入金を得た時には必ず領収書を発行します。葬儀費用は相続税から控除されますのでわすれない
    ようにします。
    葬儀関係の建て替え料金についても、その領収書(遺族あて)を添付するか、代理で領収書の発行をします

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

全62ページ12345最後 »