市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 葬儀・告別式 (葬儀・告別式の流れ)
  • 葬儀・告別式の準備
    (1)受付の設定、門標、会葬返礼品(粗供養)、花環や樒、生花の準備をします。
    (2)門前、式場、祭壇の掃除をします。
    開式1時間半前までに(1)(2)の作業を終えるようにします。
    (3)遺族・関係者と最後の確認を行います。
    1:当日の日程、時刻の確認
    2:弔辞の確認
    3:弔電の扱い方
    4:焼香順位、名前を呼ぶ場合には肩書、名前の呼び方の確認
    5:供物、供花の扱い方、配置順の確認
    6:席順の確認
    7:火葬場同行者の人数、車の確認
    8:会葬礼状、会葬返礼品の内容、数の最終確認
    9:役割の確認(会葬者への答礼、受付、案内、車、警備など)
    10:精進落としの料理の確認
    11、その他(心ずけの扱いなど)
    (4)僧侶など式執行にあたる宗教者との打ち合わせを行います。
    1:飾り付けの確認
    2:式進行の確認
    3:当日の日程表(時刻表) の確認
    4:その他注意すべきことの確認
    (5)式辞・弔辞を述べ人と打ち合わせをします。
    1:紹介する肩書、名前の確認
    2:時間の確認(一人が話す時間は3分が原則、400字詰原稿用紙にすると2枚程度。
    前後の移動時間を入れると合計5分)
    3:動線、動作の確認
    (6)霊柩車、マイクロバス、ハイヤーの再確認をおこないます。
    (7)精進落としの料理の再確認をします。
    (8)音響装置その他の設備の再確認をします。
    (9)現場の点検を行い、準備に問題がないか最終確認をします。
    1:計画通りに準備ができているか
    2:天候などの関係で補う点はないか
    3:危惧される点はないか

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀・告別式 (遺体葬と骨葬) 「さいたま市、上尾市 の家族葬は市民葬祭へ」
  • 遺体葬と骨葬
    葬儀・告別式の後に火葬するという順番が一般的ですが、葬儀・告別式に先立って火葬する慣習の地域のあります。東北地方を中心にして全国各地に散在しています。
    葬儀・告別式に先立って火葬することを「骨葬」と称しています。
    骨葬地域では、本通夜に先立って火葬する地域もありますが、午前中に出棺して火葬に付し、午後から葬儀・告別式を行い、その後菩提寺に行き納骨(埋骨)するのが一般的す。火葬と葬儀・告別式の間に日を置く事もありす。
    骨葬の場合、出棺と火葬を「密葬」と称し、葬儀・告別式を「本葬」と称することもあります。
    骨葬地域でも葬儀・告別式で遺体との別れができないから変えようという動きがあったり、遺体葬地域でも、最後の別れは家族だけでしたいからと骨葬を選ぶ動きもあり、地域の慣習の違いだけでなく遺族の考えも変わる要素になります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 司会進行 (司会進行の責任) 「さいたま市、上尾市 の家族葬は市民葬祭へ」
  • 司会進行の責任
    葬儀・告別式の司会・進行は、かつては僧侶自ら、あるいは地域の人が行っていました。葬祭業者が葬儀の運営まで請け負うようになったことから葬祭業者が司会・進行の役割を負うことが多くなりました。現在でも司会・進行は葬祭業者の役割とはされていない地域もあります。
    葬祭業者が司会・進行を委託されるのは、
    1:葬儀について充分な知識を保有していること
    2:全体の流れがわかっているため円滑な進行が可能となること
    3:司会・進行について訓練ができていることが理由となっています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 司会進行 (注意すべき点) 「さいたま市、上尾市 の家族葬は市民葬祭へ」
  • 注意すべき点
    1:準備に手を抜かないこと
    慣れると手をぬきがちですが、時刻入りの進行台本を用意し、綿密に準備します。
    2:遺族や僧侶などの宗教者と事前の打ち合わせ、確認すること
    勝手に進行して式の途中で問題が生じたりしてはこまります。焼香開始のタイミング
    など事前にサインを決めておく必要があります。
    3:全体の状況を常に頭に入れ、配慮しながら進行すること
    突発的な出来ごとが生じたり準備したこととちがった事態になったり、思わぬ時間が
    かかったり、さまざまな事が考えられます。全体を見てその場にふさわしい進行が
    できるようにします。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀後の 請求・集金       ( 葬儀後の請求書の発行 )
  • 「葬儀後の請求書の発行」
    葬儀が終了したら、葬儀費用を計算し、請求書を発行します。
    見積書の控えを添付し、見積もりとの違いを明確にします。

    会葬返礼品など数の増減があるものについてはその数を明確にします。また、中途での変更、追加があったものについては理由とその承認者の名前を記して説明を行います。

    特に、中途での変更、追加はとかく問題になりますので注意する必要があります。
    葬儀社がこのほうがよいと思って変更、追加したことでも、事前に遺族の了解を得ていない場合には支払いを拒絶されることがありますので、必ずその都度遺族側の責任者の了承を得ておく必要があります。
    葬儀責任者以外が承認した場合にも請求段階のトラブルの原因になります。
    追加、変更の都度、発注書の責任者のサインをもらえば間違いはありません・
    一方的に葬儀費用請求書を提出しただけで終わりにせず葬儀請求書を提示したら、説明し、了解を得るという手続きをきちんと踏むようにします。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 司会進行 (司会進行の責任) 「さいたま市、上尾市 の家族葬は市民葬祭へ」
  • 司会進行の責任
    葬儀・告別式の司会・進行は、かつては僧侶自ら、あるいは地域の人が行っていました。葬祭業者が葬儀の運営まで請け負うようになったことから葬祭業者が司会・進行の役割を負うことが多くなりました。
    現在でも司会・進行は葬祭業者の役割とはされていない地域もあります。
    葬祭業者が司会・進行を委託されるのは、
    1:葬儀について充分な知識を保有していること
    2:全体の流れがわかっているため円滑な進行が可能となること
    3:司会・進行について訓練ができていることが理由となっています。
    専門化として委託されるわけですから、それにふさわしい知識の習得、訓練を行っておく必要があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀・告別式 (出棺の挨拶) 「さいたま市、上尾市 の家族葬は市民葬祭へ」
  • 出棺の挨拶
    出棺の際、遺族代表による挨拶が行われます。一部の地域において遺族が挨拶しにくいからと葬祭業者が挨拶を代行し、その泣かせる技をきそったこともありましたが、望ましいことではありません。
    喪主あるいは遺族の一員に、短くとも自分の言葉で挨拶するようアドバイスするのがよいでしょう。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (通夜の守り方) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ」
  • 現代の通夜が夜間の告別式のようになったとしても、最も大切な事は遺族や身近な人が死者と共に過ごす最後の時間であるということに変わりはありません。
    亡くなったかたと遺族を中心として、これに配慮した時間を持てるようつとめます。
    遺族は長い看病により肉体的にも疲れていることに加えて精神的にも打撃をうけていることを心に努める必要があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (授戒、法話) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ」
  • 通夜は遺族も精神的に動揺が強く、縁のあった親しい人々が故人と最後の一夜を過ごすときですから、生と死について直面している時間と言ってよいでしょう。
    僧侶は読経の後、法話をし、仏教の教えにおいて生と死はどう考えるべきかを説き、遺族への慰めをします。
    また,通夜の席ではしばしば戒名が与えられます。
    その場合には白木の位牌、和紙、硯、筆(新しいもの)を用意しておきます。地域によっては骨壺を用意するところもあります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (通夜とは) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ」
  • 通夜とは古代のもがりの遺習であるとか、臨終の際の看病の延長にあるものであるとか、言われます。夜伽とも言われ、夜を徹して死者を見守ります。
    しばしば死者の枕もとでお経が読まれ、念仏が唱えられました。
    死とは法律的には「心停止」というある(点)ですが、遺族や身近な人たちにとってはすぐ受け入れられることではありません。
    そこで、夜を徹して死者と最後に過ごす大切な時間であると言えると思います。
    念仏を唱えるのも死者と共にするのであり、食事も死者と共に与かり、死者と遺されたものが最後に交わりをもつ時間なのです。
    生と死の境界線上にあって気持ちが揺れ動き、矛盾に満ちた状態にあります。
    事実、遺族の心情を大切にして通夜を過ごしたい者です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

全63ページ12345最後 »