市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 請求・集金 (心づけ) 「さいたま市、上尾市の 格安葬式なら市民葬祭へ」
  • 「心づけ」
    遺族から葬儀のお礼の気持ちの現れとして心づけを渡されることがあります。しかし、仕事として行い、その葬儀料金はいただいているのですから、「お気持ちは有り難くぞんじますが」とていねいに礼を言ってかたく辞退します。もちろん、自ら心づけを遺族に請求するなどということはあってはならないことです。当の葬儀社だけでなく、葬儀業界全体に対する不信の原因になります。
    葬儀の心づけは、マイクロバス、ハイヤー、霊柩車、火葬場職員、その他の係員に対して渡されることがあり渡す場合でも遺族が自ら行うことです。葬祭業者による代理請求や仲介は行うべきではありません。公営の火葬場職員の場合は受け取ったことが明確な場合には処罰されることがありますから注意が必要です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • さいたま市の葬儀、葬式は市民葬祭へ
  • 市民葬祭は、さいたま市のかたの葬儀が多くなってまいりました。
    低価格でご葬儀を行っているからと思います。
    これからも市民葬祭は安価で良い葬儀を目指して舞います。
    寒い日が続いてます、お体に気を付けてください。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 請求・集金 (集金方法) 「さいたま市、上尾市の 格安市民葬なら市民葬祭へ」
  • 「集金方法」
    葬儀費用はかつては当日の現金支払いがほとんどでしたが、最近では多額の現金を持ち歩くことのもんだいもあり、葬儀費用は銀行振り込みが多くなっています。また、クレジットカードの使用や、金融機関を利用した後払い割賦などもあります。
    葬儀費用の支払いについては1週間後、1カ月後など期日を指定し、支払方法を確認します。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 請求・集金 (トラブル処理) 「さいたま市、上尾市の 格安葬式なら市民葬祭へ」
  • 「トラブル処理」
    葬儀業者としては完全に施工したつもりでも遺族にとってはそうでないことがあり、葬儀のクレームがつけられることがあります。これに対しては、心を開いて対処する必要があります。
    1:まず相手の言い分に耳を傾けます。中途で遮ったりしないで、最後まで話を聞きます。
    2:その場で葬祭業者の側の不手際が明らかな場合は率直に謝ります。葬儀に関してあきらかな不手際にた
    いして無用な言い訳をすると信頼されなくなります。
    3:葬儀の問題が葬祭業者直接のものでなく、依頼した生花業者、供養品業者その他の問題であっても葬儀社を経由したものであれば率直に葬儀社の問題として誤り持ち帰って改めて処理します。
    4:問題の所在がわからないばあいには、相手の言い分をその場ですぐ否定するのではなく、葬儀社としてはもちかえって調べてくることを約束します。
    5:遺族側に原因がある場合、葬儀社としては即答するか調査のうえ後日うかがうとするか、その場の状況で判断します。

    葬儀社側はクレームに対しては丁寧かつ冷静に、しかもスピーデイに対処することが大切です。
    クレームの処理を間違えますと、葬儀の信用を失い、次の受注機会を失うことになります。葬儀社側に問題がある時は率直に謝り、調査すべきは速やかに調査のうえ対処します。
    葬儀上のクレームは全て上司に報告します。必要に応じて上司が改めてお詫びに伺うこともあるからです。
    葬儀社としてはお詫びだけでなく、値引きその他で対処しなければならないこともあります。自ら即答出来ないものについては葬儀会社に戻って相談し、葬儀費用の請求書をあらためて提出し直します。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 請求・集金(問題や不手際がなかったか意見を聞く) 「さいたま市の 格安葬儀なら市民葬祭へ」
  • 「問題や不手際がなかったか意見を聞く」
    今後の葬儀の参考に、遺族が問題だと感じたこと、葬儀に於いて不手際だと思ったことがないか率直に意見を聞きます。
    その場で葬儀に関して率直な意見を聞くことができない場合もあるので、例えばアンケート用紙(封筒、郵便切手付き)を渡して郵送してもらうのも一つの方法です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 請求・集金 (請求書の発行)  「さいたま市、上尾市の 格安葬儀なら市民葬祭へ」
  • 「請求書の発行」
    葬儀が終了したら、葬儀費用を計算し、請求書を発行します。見積書の控えを添付し、見積もりとの違いを明確にします。
    会葬返礼品など数の増減があるものについてはその数を明確にします。また、中途での変更、追加があったものについては理由とその承認者の名前を記して説明を行います。
    特に、中途での変更、追加はとかく問題になりますので注意する必要があります。葬祭業者がこのほうがよいと思って変更、追加したことでも、事前に遺族の了解を得ていない場合には支払いを拒絶されることがありますので、必ずその都度遺族側の責任者の了承を得ておく必要があります。葬儀責任者以外が承認した場合にも請求段階のトラブルの原因になります。追加、変更の都度、発注書の責任者のサインをもらえば間違いはありません・一方的に葬儀費用請求書を提出しただけで終わりにせず、葬儀請求書を提示したら、説明し、了解を得るという手続きをきちんと踏むようにします。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 撤収 (後飾り)  「さいたま市、上尾市の 格安葬式なら市民葬祭へ」
  • 「後飾り」
    葬儀、告別式が終了後、火葬場から遺骨が戻って安置出来るように後飾り(中陰壇)をします。後飾りは、小机に白布をかけ、三具足(燭台、香炉、花立て)に遺骨、位牌、遺影が載せられるようにするのが一般的ですが、ところによっては初七日までは葬儀祭壇をそのまま使用することもあります。
    地方差があり、決まりがあるわけでもありませんが、一般的な後飾りは次のようになります。
    葬儀後の後飾り祭壇の上段に遺骨を置き、その前に位牌、下段に遺影をおきます。遺影の前には中央に香炉、向かって右に燭台と鈴、左に花立て、両サイドに供物を置きます。グラスに水をいれ、位牌の前に置くことがあります。後飾りの周囲には葬儀に使用した生花や供物を整理して適宜並べます。
    葬儀のときの生花や供物は部屋の大きさに合わせて整理するとよいでしょう。
    葬儀後の後飾りする場所は仏間であれば仏檀の前か横、あるいは居間の床の間などがえらばれます。
    床の間などの場合、後ろに十三仏の掛け軸をかけることがあります。
    燭台、鈴は仏檀のものを使用し、香炉は葬儀社が用意し(燭台、鈴、香炉も葬儀社が用意するところもあります。)忌明けまで貸すなどの方法がとられることがあります。香炉は葬儀社が用意し、忌明けまで貸すなどの方法がとられることがあります。但し、浄土真宗の場合、また地方によっては中陰壇と仏檀の仏具とは区別しています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 撤収 (後かたずけ)  「さいたま市、上尾市の 格安葬儀なら市民葬祭へ」
  • 「後かたずけ」
    葬儀、告別式が終了したら、祭壇など設営の撤去を行います。(地域のよっては、葬儀後初七日まで祭壇を置いておくこともあります。)
    葬儀後まだ会葬者などが残っていることも多いので、撤去作業は無駄口をたたくことなく、手際良くきびきびと行う必要があります。
    葬式用の設営の際に移動した物も、きちんと元どうりに戻します。ガラス戸、障子などを復帰させ、什器など借りたものは返却します。設営に使用した画鋲、釘など残っていないか確認します。
    最後に全体を点検し、掃除をします。掃除は式場内だけでなく門前から全体にわたって行いましょう。
    終了したら、残った責任者に問題がないか確認してもらいます。寺院や公的な斎場を借りた場合、必ずそこの責任者の確認を得ます。
    不要な物、ゴミはもちかえって処理します。
    以上で葬儀終了となります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 撤収 (浄めの習俗、儀礼)  「さいたま市、上尾市の 格安家族葬なら市民葬祭へ」
  • 「浄めの習俗、儀礼」
    葬儀後出棺した後、部屋を浄めるために、式場内を箒の目をたてて掃除することがあります。浄土宗では「洒浄式」と言って、葬式後の室内を浄める為の儀式を行うことがありますし、日蓮宗でも「忌中祓い」と言い出棺の後、葬儀用の祭壇をかたずけ、小さな机をおいて米、塩を皿に盛り、僧侶が屋内の不浄を祓う祈祷を行うことがあります。
    葬儀後火葬場に行ってきた人を迎えて浄めるために、玄関前で塩をかけたり、水で手洗いをさせる、玄関口に小皿に塩を入れお盆に載せておく、バケツや手桶に水を入れ、杓をつけ、手を拭くタオルを用意しておくことなどがあります。死は穢れではないから、浄めは不要とする考えもあります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 精進落とし (引き物)  「さいたま市、上尾市の 格安葬義なら市民葬祭へ」
  • 「引き物」
    葬儀後地方により、宴席に出た人に「引き物」を渡すところもあります。料理などもつけることがあり、金額も大きくなります。予め品物、費用を明確にして準備する必要があります。
    また、葬儀、告別式の後、関係者に供花を自由に持ち帰ってもらったりすることがありますが、宴席の後でも、事前に供花を花束に作り変えておいて参加者に持ち帰ってもらうことがあります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

全62ページ12345最後 »