市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 葬儀前の「 遺体の海外移送 
  • 海外での葬儀の必要書類
    葬儀するにあたって、遺体の海外移送にあたり、国により規定が異なりますが、一般に次の書類が必要になります。
    1:本人のパスポート
    2:死亡診断書または死体検案書
    3:火葬、埋葬許可証または記載事項証明書
    4:エンバーミング証明書またはエンバーマー宣誓供述書
    5:非感染症証明

    6:納棺証明書

    海外での葬儀のときはこの様な書類が必要になります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 遺体の海外移送
  • 外国人の遺体取り扱い
    葬儀事情も近年かわっています。海外から日本に来る観光客、就労者、留学生は増加する傾向にありますこれにより、外国人が病気や事故により、日本で亡くなるケースも増えています。
    外国人の葬儀や遺体のの取り扱いについては、それぞれの国で風習や規定が異なりますので、注意する必要があります。
    まず、遺族が国内にいるときの、葬儀は遺族の意思を確認すると共に、移送先の国の規定について大使館または領事館に確認の上取り扱いを決める必要があります。
    遺族が日本にいないときの葬儀は、大使館

    または領事館と連絡をとり、海外在住の遺族の意思の確認が必要になります。

    日本での葬儀は遺体を火葬処理することが一般的ですが、国際的には土葬が主流です。
    中には火葬を認めていない国もあります。
    逆にネパールの葬儀のように遺体での移送は認めず、火葬処理して遺骨で移送することを条件とする国もあります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀後の供養の 仏檀・仏具 
  • 仏檀の機能
    葬儀後に用意する仏檀は家の先祖を祀る場であり、家の精神的結合の場であると言われます。
    しかし仏檀は単に一般的な先祖供養のためのものではありません。
    三十三回忌あるいは五十回忌で弔い上げして個人の位牌を先祖代々の位牌に合祀するまでの間は、死者個々の供養であり、さらに真宗教団では 「お内仏」と言われるように勤行の場でもあります。
    近年、葬儀後の悲しみにある遺族が仏檀をとおして死者と対話することは、その悲しみを癒していくのに有効である、として仏檀をグリーフワークの場として見直す動きもあります。
    葬儀後に使用するキリスト教のカトリックにおいても仏檀の機能に着目して、「家庭祭壇」 が作られています。

    さいたま市、上尾市での現在は葬儀の後の仏檀の使用方法は同じです。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀後に使用する 仏檀・仏具
  • 葬儀後に使用する 仏檀とは
    葬儀後に使う「仏檀」とは本来、寺院内に仏像 (如来、菩薩など) を安置して、礼拝をし、供物を捧げたりする、周囲より一段高くなった場所のことです。
    中世まで仏檀と呼ばれていたこの場所は、近世に入ると「須弥壇」と呼ばれるようになります。
    仏教の宇宙観では、巨大な山 「須弥山」が宇宙の中心をなし、そこに帝釈天が所在するとされていますが、須弥壇はこの須弥山をかたどったものといわれます。
    代わりに、各家にあって本尊や位牌を安置する厨子または宮との型のものを仏檀と言うようになり、葬儀の後に使用する仏檀は現在に至っています。

    各家に置かれる現在の仏壇の起源は、平安時代の貴族社会における持仏堂仏間の建立にあると言われます。

    鎌倉時代以降、禅宗が広まると共に位牌が流行し常設の位牌棚となり、位牌の安置所として仏檀が発生したと思われます。

    葬儀後に使用する仏檀受容の背景には、民族として発展した神棚、正月棚、盆棚などのい影響もあったと思われます。

    各家庭に仏檀が設けられるようになった江戸時代中期の寺檀制度確立以降の事です。

    さいたま市、上尾市での現在は葬儀の後にほとんど仏檀は購入しています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 料金が明確な家族葬なら (見沼区の葬儀は 市民葬祭へ) 「 納棺」
  • 葬儀社によっては料金が明確にしないのでお客様は不安な気持ちで葬儀を迎えることも多いのではと思います。その様なことのないように葬儀社側は葬儀料金を明確に提示願います。
    「納棺」 (遺体衛生保全){エンバーミング}
    北米で一般的な遺体処置の方法で、施設において遺体を洗浄・消毒し、防腐処置と必要に応じて顔などの復元処置をし、最後に化粧を施します。防腐処置は血管を使って行い、静脈から血液を輩出して動脈から防腐液を注入します。
    すぐ火葬に付すのに防腐処置が必要かという疑問も投げかけられていますが、遺族や遺体を取り扱う人が遺体から感染するのを防ぐため公衆衛生上必要な処置である、腐敗や硬直もなくきれいな別れができることから遺族の心理を和らげるのにプラスになるといわれています。注目を浴びていますが、導入後間もないため検討課題が残されています。海外へ遺体を送るときには、原則として遺体衛生保全処置を施します。
    遺体衛生保全については、日本遺体衛生保全協会(略称・IFSA)が組織されており、自主基準を設定しています。その内容は、実施にあたって処置内容の説明、料金の明示および遺族の同意を義務づけるものとなっています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀、葬式の費用の節約は (見沼区の葬儀社 市民葬祭) 「 見積もり」
  • さいたま市見沼区の市民葬祭は低価格、安心葬儀をモットーに日夜努力しております。葬儀、葬式の費用の節約をかんがみても市民葬祭は有り難いと思われる葬儀をこころがけております。
    「見積もり」 (提案書の作成)
    その場で満足した提案ができないときは、当面の措置をしておいて、時期をもらい、あらためて作成、提出するのがのぞましいことです。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 突然の葬儀にもあんしん市民葬祭 (見沼区の葬式は 市民葬祭) 「 見積もり」
  • さいたま市見沼区の市民葬祭は24時間体制でいつでもお客様立場に立ち考えております。突然の場合においても安心して市民葬祭のお任せください。
    「見積もり」 (見積)
    費用の見積もりの際には、寺院費用なども含めた遺族側の総予算を念頭に入れ、そのうえで無理のない金額にまとめなければなりません。
    また、施工費用の他に遺族が頭に入れておくべき費用(寺院費用、飲食接待費用など)について充分な情報提供をしておく必要があります。
    見積もりには、基本セット料金方式と積み上げ方式とがあります、

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • さいたま市見沼区 市民葬祭 対応地域について
  • さいたま市見沼区の市民葬祭では、さいたま市全域(特に見沼区、岩槻区、緑区、北区、大宮区)をはじめ、上尾市、伊奈町などのお客様からのご依頼も承っており、大変ご好評いただいております。お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 家族葬のプランを探したい (見沼区の葬式は 市民葬祭) 「 見積もり」
  • 家族葬のプランを探したい方は是非市民葬祭のホームページを開いてください。ご希望のプランが低価格で提供いたしております。
    「見積もり」 (見積)
    パンフレットまたは写真で内容が理解できるものを用いて説明して理解をえます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 安心と真心の市民葬祭 (見沼区の葬式は 市民葬祭へ) 「 見積もり」
  • さいたま市見沼区の市民葬祭は安心と真心を持って葬儀に取り組んでいます。
    「見積もり」 (見積)
    セット方式では、セットに含まれるものと含まれないものを明確にします。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

全64ページ12345最後 »