市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • お客様の声
  • 「葬儀は費用が高いと聞いてましたがこんなに安くできるのですね、有り難うございました。」

    有り難うございます。
    感謝の心付けまでいただきうれしく思います。
    この様な葬儀社もあってもよいのではないのかなと思います。
    これからも良い葬儀をめざしてがんばります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 棺  「さいたま市、上尾市の葬儀、葬式、家族葬、市民葬の市民葬祭」
  • 棺の納品形態
    葬儀(葬式)に使用する棺の納品形態には、材料を納品してもらって葬祭業者が組み立てる場合と組みあがった状態で納品される場合の2つがあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺の材料だけを納品してもらう場合は、多量に運搬できるというメリットがあり通常フラッシュ棺で使用される方法です。
    葬儀(葬式)に使用する棺は、また、組み立て作業の負荷や保管用スペースを減らすために、葬祭業者がメーカーから直接納品してもらうのではなく、組み上げ業者を経由して少量ずつ購入するケースがあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺は仕入れ単価は高くなるものの、組みあがり、内装も済んだ状態で受け取ることができます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 棺  「さいたま市、上尾市の葬儀、葬式、家族葬、市民葬の市民葬祭」
  • 棺覆いなしでの使用も
    葬儀(葬式)に使用する棺には一般に際しては棺覆いを用いてましたが、近年、葬儀(葬式)に高級な棺が使用される傾向にあることから、棺覆いなしで出棺するケースも多くなっています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 棺  「さいたま市、上尾市、葬儀(葬式)の市民葬祭」
  • 彫刻棺、インロー棺など
    葬儀(葬式)に使用する棺には表面に彫刻が施された彫刻棺には、二面彫刻、三面彫刻、四面彫刻、五面彫刻、さらに機械彫りか手彫りかの区別があります。
    葬儀(葬式)に使用する棺は蓋に対面用の窓がついた棺、また遺体衛生保全(エンバーミング)処理した遺体を良く見せるため、蓋の半分を外して透明なプラスティックの覆いを付けた棺などもあります。葬儀(葬式)に使用する棺の蓋部分に丸みを持たせた棺は、その形状から「R棺」と名ずけられており、その他にも、本体と蓋の組み合わせを印籠にならった「インロ―棺」など葬儀(葬式)に使用する棺には多彩な棺があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 棺  「さいたま市、上尾市、葬儀の市民葬祭」
  • 棺の種類
    葬儀(葬式)に使用する棺には大きく分けて、1:天然木棺、2:フラッシュ棺、3:布張り棺、の3種類があります
    3:布張り棺
    葬儀(葬式)に使用するフラッシュ棺の表面に布をはったものです。葬儀(葬式)に使用する棺は古くから布張り棺としては、キリスト教葬儀(葬式)で用いる俗称「キリスト棺」十字架の刺繍がある黒布で包まれた舟型の棺が有名です。
    葬儀(葬式)で現在多く使用されている布張り棺は、米国の葬儀(葬式)でのキャスケットのデザインに影響を受けたもので、映画「お葬式」(ご葬儀)に使用されたことから80年代後半より都市部を中心に人気になり、ファッション感覚に優れているとして、葬儀(葬式)では特に故人が女性の場合に好まれています。
    葬儀(葬式)に使用する棺としては、中級品とされますが、さらに布張り棺の上級品としてビロード張りのビロード棺があります。
    葬儀(葬式)で使用する棺はこの他にごく少量ですが、ダンボール棺も使用されています。葬儀(葬式)で使用するダンボール棺は、一時は日本にもあったのですが、使用されなくなっていました。しかし近年、
    葬儀(葬式)では米国で火葬用にダンボール製の棺が使われるケースも出てきたことから、再び日本でも葬儀(葬式)に用いられるようになっています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 「 納棺」
  • 「納棺」 (遺体の変化)
    死後の遺体の変化について、以下説明します。
    1:死斑
    心臓が停止して血液の流れが止まると、血管内の血液は下のほうに集まります。
    上になった部分の皮膚は蒼白になり、下になった部分の皮下の静脈には血液がたまっていきます。
    このたまった血液の色が皮膚をとうして見えるのが死斑です。
    死亡後20~30分で点状の斑点が出現し、死亡後2~3時間げ斑点が融合します。
    死後10時間くらいまでは死後は固定しませんが、20時間以上経過すると固定します。
    2:死体硬直
    死後2時間くらい経過すると、筋肉内のグリコーゲンの減少と乳酸の増加に伴ってアデノシン三リン酸(ATP)が減少します。
    この化学反応のため次第に筋肉が硬化し、関節が動かなくなる現象が死後硬直です。
    死後2時間くらいで顎関節に現れ、順次全身の筋肉におよび、6~8時間で手足の筋肉に明確に認められるように なります。
    8~10時間位までは、筋肉に力を加えて伸ばすと柔らかくなり、再び硬直を起こします。
    死後およそ20時間で硬直は最も強くなります。その後は腐敗が強まるため、死後硬直は次第に解けていきます。
    3:腐敗
    遺体の腐敗は消化器系である胃や腸から始まります。
    死後1時間内外で腸内細菌の増殖が認められます。
    また、死亡すると胃酸や腸の消化液が胃腸そのものを溶かし、酵素による自家融解をおこします。
    腸内細菌の繁殖と胃腸の融解によって腐敗が進行し、腐敗ガスが発生します。
    この腐敗ガス中に含まれる硫化水素が血液中のヘモグロビンと結合して硫化ヘモグロビンが作られると、腹部が淡青藍色に変色します。この変色が全身に波及し、さらに腐敗ガスが発生すると、全身は膨らんでいきます。
    腐敗が進行すると、全身は次第に暗赤褐色に変色し、膨らんだ死体は巨人のような外観を呈します。
    さらに腐敗が進行すると乾燥し、体表は黒色に変色し、体の組織は腐敗汁を出して融解し始め、遂には骨が露出されます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • お客様に合った家族葬  「 納棺」
  • 現在、葬儀は多種、多様で葬儀の形式は固まってはいますが、今のニーズに合った葬儀、家族葬を行うことがよいのではないかと、思います。
    「納棺」 (遺体の変化)
    死後の遺体の変化について、以下説明します。
    1:死斑
    心臓が停止して血液の流れが止まると、血管内の血液は下のほうに集まります。
    上になった部分の皮膚は蒼白になり、下になった部分の皮下の静脈には血液がたまっていきます。
    このたまった血液の色が皮膚をとうして見えるのが死斑です。
    死亡後20~30分で点状の斑点が出現し、死亡後2~3時間げ斑点が融合します。
    死後10時間くらいまでは死後は固定しませんが、20時間以上経過すると固定します。
    2:死体硬直
    死後2時間くらい経過すると、筋肉内のグリコーゲンの減少と乳酸の増加に伴ってアデノシン三リン酸(ATP)が減少します。
    この化学反応のため次第に筋肉が硬化し、関節が動かなくなる現象が死後硬直です。
    死後2時間くらいで顎関節に現れ、順次全身の筋肉におよび、6~8時間で手足の筋肉に明確に認められるようになります。
    8~10時間位までは、筋肉に力を加えて伸ばすと柔らかくなり、再び硬直を起こします。
    死後およそ20時間で硬直は最も強くなります。
    その後は腐敗が強まるため、死後硬直は次第に解けていきます。
    3:腐敗
    遺体の腐敗は消化器系である胃や腸から始まります。死後1時間内外で腸内細菌の増殖が認められます。
    また、死亡すると胃酸や腸の消化液が胃腸そのものを溶かし、酵素による自家融解をおこします。
    腸内細菌の繁殖と胃腸の融解によって腐敗が進行し、腐敗ガスが発生します。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 「 納棺」
  • 「納棺」 (遺体の変化)
    死後の遺体の変化について、以下説明します。
    1:死斑
    心臓が停止して血液の流れが止まると、血管内の血液は下のほうに集まります。
    上になった部分の皮膚は蒼白になり、下になった部分の皮下の静脈には血液がたまっていきます。
    このたまった血液の色が皮膚をとうして見えるのが死斑です。
    死亡後20~30分で点状の斑点が出現し、死亡後2~3時間げ斑点が融合します。
    死後10時間くらいまでは死後は固定しませんが、20時間以上経過すると固定します。
    2:死体硬直
    死後2時間くらい経過すると、筋肉内のグリコーゲンの減少と乳酸の増加に伴ってアデノシン三リン酸(ATP)が減少します。
    この化学反応のため次第に筋肉が硬化し、関節が動かなくなる現象が死後硬直です。
    死後2時間くらいで顎関節に現れ、順次全身の筋肉におよび、6~8時間で手足の筋肉に明確に認められるようになります。
    8~10時間位までは、筋肉に力を加えて伸ばすと柔らかくなり、再び硬直を起こします。
    死後およそ20時間で硬直は最も強くなります。その後は腐敗が強まるため、死後硬直は次第に解けていきます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 第3章  現在の首都圏で行われる葬儀の問題点
    第3節  葬儀で問題が無くならない原因

    なぜそのような葬儀でもんだいがなくならないのか。
    原因は何なんだろうか。
    1つ目に、家族の 「死」、「葬儀」 に直面することは誰にでも突然に起こりうる事であるが、日常の生活の中ではなかなか考えることがないからという理由が考えられる。
    2つ目に、葬儀社との契約を締結するときも、必ずしも冷静な判断ができるとは限らないし、しかも葬儀というものは、判断基準が少ない中で契約を行わなければならないことも要因として考えられる。
    いずれも、消費者の心理的問題である。
    家族の葬儀の為に普段から何か準備をしている人は、全体の3分の1でしかなく、3分の2の人が葬儀の準備をしていない。
    そいて、葬儀の準備をしていると回答した人は高年齢層に多く、20代、30代に至っては10%以下であるとわかる。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 第3章  現在の首都圏で行われる葬儀の問題点
    第2節  過去の対策

    以上の問題点を受けて、2005年 7月 27日、公正取引委員会は 「葬儀サービスの取引実態に関する調査報告書」 おいて、葬儀サービスに関する独占禁止法上、景品表示法上あるいは競争政策上の考え方を整理し、事業者や消費者における留意点を公表した。
    なお、公正取引委員会は同報告書の中で 「消費者は、葬儀サービスの内容や料金に付いてよく理解しないまま葬儀業者と契約してしまう等、十分な知識を持って適切に葬儀業者を選択することが必ずしも出来ていない状況である」 と葬儀サービス取引の特性を分析しており、必要な情報が消費者に対し十分に提供されることが特に重要であると指摘している。
    また、公正取引委員会は、 「遺体搬送サービスと合わせて、その後の葬儀サービスについても、当該遺体を霊安室に引きとめ、説得するなどして、自己との取引を強制的に促すといった事例がみられた。
    こうした行為は消費者の自主的なサービス選択の自由を侵害し、不公正な取引方法 (抱き合わせ販売等)として独占禁止法上問題となる恐れもあることから、葬儀業者はこうした行為を行わないようにすべきである」と注意している。
    要するに、前章で取り上げた顧客を獲得するシステムの、病院からの搬送する立場を利用して強引に葬儀の営業をするな、ということである。
    しかし、同報告書が公表されてから約2年が経過したが、行政、業界団体、葬儀業者による消費者保護の取り組に特段の進展は見受けられないのが現状である。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

全65ページ12345最後 »