市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 葬具  「葬儀(葬式)に使用する道具」
  • 1:位牌
    葬儀で使う位牌は、仏教葬儀で死者の霊を祀るために使われる木製に牌で、「霊牌」とも言います。
    元来、儒葬で使われた「木主」や民俗信仰の「霊代」から生まれたものと言われ、死者の霊が宿る依代でした。
    葬儀で使用する位牌のおもてには戒名(法名、法号)が書かれ、裏には俗名(生前名、本名)と死亡時年齢(享年、通常は数えで)死亡年月日などが書かれます。
    葬儀に使用する位牌は一般に四十九日までは白木の位牌を用いますが、これを「内位牌」「仮位牌」とも言います。
    この期間は仏檀でなく中陰壇に置かれるのが一般的です。
    また、内位牌とは別に白木の「野位牌」が作られ、埋葬地に置かれることもあります。
    忌明けと共に内位牌は寺に納め、野位牌は墓に埋めたり、焼いたりします。
    葬儀後の忌明け以降は塗り位牌を仏檀に納めます。
    葬儀のあとに作る位牌はこの他に集合型の「繰り出し位牌」があります。
    これは年忌法要に便利なように個人の戒名などを記した板を祥月命日の順に並べて一基の位牌とするものです。
    これに対して個人一人に一基の位牌を「札位牌」とも言います。
    葬儀の後に作る札位牌や繰り出し位牌の板は三十三回忌あるいは五十回忌をもって弔い上げとし、その後は先祖代々」の位牌に合祀されるのが一般的です。
    生前に戒名(法名,法号)をもらい、位牌や墓石に朱書きしておくことを「逆修」あるいは「預修」といい、この位牌を「逆修牌」あるいは「寿牌と言いますこれに対し、故人の位牌は「順修牌」いいます。
    浄土真宗の場合には、原則として位牌を用いません。
    しかし地方により葬儀のときに限って白木の位牌を用いることもあります。
    その場合でも本尊と並べたり本尊の前に置いてはいけない、とされています。
    浄土真宗で位牌の代わりに用いるのが「法名軸」と言う掛け軸形式のもので、そこに法名を記して仏檀(お内仏と言う)の側面にかけます。
    法名軸には順次法名を記載していく合幅のものもあります。
    あるいは過去帳にして、仏檀の中段または下段の横の置きます。
    浄土真宗でこのようにするのは、死者を礼拝の対象にしないためです。

    地方によってはこの様に行われていますが現在の、さいたま市、上尾市の葬儀にはこれにあたいしないこともあります

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬具  「葬儀(葬式)に使用する道具」
  • 1:六道(ロクドウ)
    葬儀の時に篠竹に小ロウソクを6本立てたものを言います。
    中には8本あって2本は葬儀のときの葬列に先行して辻に立てるところもありました。
    元は葬列の先頭の案内の灯明だったと思われます。
    しかし、死者は生前の行いによって六道のいずれかに行くとされ、たとえいずれに行っても六地蔵に助けてもらおうという地蔵信仰が六道ロウソクになったと思われます。
    葬儀のときの祭壇の上部両側に6本の灯明が飾られるのが六道の名残です。

    現在のさいたま市、上尾市の葬儀にはこのようなことはほとんど行われてなく葬儀式場で葬儀を行います家族葬、市民葬も同じく葬儀式場で行います。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬具  「葬儀、葬式に使用する道具」
  • 1:龍頭(タツガシラ)
    葬儀(葬式)の時に竹竿の先に龍の頭をかたどったものをつけたものです。
    龍の口の下に天蓋を下げたものや魂を入れる紙袋をさげたようなものもありました。
    死者の霊が荒ぶる魂であることを示したという解釈(五来重氏)と、死者の霊が龍のように昇天することを願ったとする解釈(藤井正雄氏)があります。

    現在のさいたま市、上尾市での葬儀はこのような葬儀は行われてなく、葬儀式場での家族葬、市民葬が多くなっております。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬具  「葬儀に使用する道具」
  • 1:天蓋(テンガイ)
    寺院には、僧侶の座る席の上に立派な天蓋がありますが、葬儀の時の葬列でもちいられたのは布製や紙製で、わずかに木製もありました。
    葬儀のときの天蓋は柩の上にかざし、死者の滅罪を願い極楽往生することを願ったものと言われています。

    さいたま市、上尾市の現在の葬儀(葬式)はこの様なことはしていません。
    葬儀場で葬儀を行い霊柩車で火葬場に向かいます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀の知識     ( 葬儀の時の死亡広告 )
  • 「 葬儀の時の死亡広告 」
    死亡広告は、通常は黒枠で囲むので俗に「黒枠広告」とも言われます。死亡した事実と葬儀・告別式の日時場所を告知するのが主たる役割です。
    葬儀の告知は標準的な形式はありますが、決まったものではありません。
    最近無宗教葬儀の「お別れ会」告知では黒枠を用いず、また文章も自由な形が現れます。
    関係者名は通常は代表者のみ記しますが、沖縄の葬儀などではできるだけ多数の関係者を記すなどさまざまな形態があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬具  「葬儀に使用する道具」
  • 1:箒(ホウキ)
    葬儀(葬式)のときの後のかたずけは、箒で出棺した後の式場を掃除、清めるために用いますが、葬列にも加わりました。
    これは箒の役割が塵やゴミを履き清めることから、目に見えない悪霊を祓うための儒具として葬儀に用いられたものと推測されとぃます。
    さいたま市、上尾市の現在の葬儀(葬式)は市民葬(家族葬)が普及しています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀の時の  祭壇
  • 葬儀の時の 祭壇の位置づけ
    葬儀(葬式)に祭壇をどう位置づけるかについては、現在、必ずしもコンセンサス(合意)が得られているとは言えない状況です。
    その原因の1つは、葬儀式と告別式が同時に行われることにあると考えられます。
    宗教儀礼として葬儀(葬式)を営むのであれば、仏あるいは神の導きによって死者をあの世に送ることがその基本になります。
    仏教葬儀の一般においては、仏を供養することによって得られた功徳を死者に振り向けるという間接的方法をとりますし、キリスト教葬儀の場合礼拝が中心ですがその対象は神です。
    したがって、仏教葬儀では中心に本尊を置き、また、キリスト教葬儀などでは死者が礼拝の対象とならないようにすべきです。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀に使用する 棺
  • 葬儀に使用する 棺の納品形態
    葬儀(葬式)に使用する棺の納品形態には、材料を納品してもらって葬祭業者が組み立てる場合と組みあがった状態で納品される場合の2つがあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺の材料だけを納品してもらう場合は、多量に運搬できるというメリットがあり通常フラッシュ棺で使用される方法です。
    葬儀(葬式)に使用する棺は、また、組み立て作業の負荷や保管用スペースを減らすために、葬祭業者がメーカーから直接納品してもらうのではなく、組み上げ業者を経由して少量ずつ購入するケースがあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺は仕入れ単価は高くなるものの、組みあがり、内装も済んだ状態で受け取ることができます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀に使用する 棺
  • 葬儀に使用する 棺のサイズ
    葬儀(葬式)に使用する棺のサイズは、大きく、成人用と「子供棺」と言われる子供用のものとに分かれます。
    成人用はさらにいくつかのサイズに分かれていますが、葬儀(葬式)に使用する棺はメーカーによって必ずしも統一されていません。
    また火葬炉の制約を受けることもあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺の一応の標準は外寸が長さが180cmx幅48cmx高さ41cmですが、子供棺を除いてもながさは165cm~197cm、幅43cm~62cm、高さは35cm~50cmと範囲があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀用の 祭壇
  • 葬儀用の 祭壇の原型と変換
    葬儀(葬式)で用いる祭壇は「葬儀壇」とも言います。かつて葬儀(葬式)は、自宅での法要と、葬列を組んで葬儀場あるいは菩提寺に行っての法要という「二段構え」でした。この二つの法要が合体し、特に葬儀場あるいは寺院での葬儀(葬式)のかざりが現在の祭壇の原型になったと思われます。
    葬列があった当時、葬儀場や寺院の飾りは、柩の前に野机(野卓)と言われる小机を置き、白布で覆い、その上に三具足、位牌、供物を載せ、両脇に供花や供物、後ろには葬列で用いた幡などの野道具を並べるといったものでした。寺院では内陣に柩を置くことはなく、外陣に柩を置いて葬儀(葬式)を行いました。
    その小机が大きく、仏檀や盆棚のように段々になり、2段、3段と増えていきます。仏檀や寺院の荘厳(お飾り)をならってその壇を須弥壇と称する考えも出てきました。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

全64ページ12345最後 »