市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 最近の葬儀事情
  • 第3章  現在の首都圏で行われる葬儀の問題点
    第1節  葬儀において現状の考察

    現在、首都圏では 「価格やサービス内容について十分な説明がない」 、「質素な葬儀を希望したのに高額な料金を請求された」 といった葬儀サービスに関する相談が多く寄せられている。
    首都圏で行われた葬儀の相談件数は、ここ数年みても 03年度 187件、 04年度 202件、 05年度342件と年々増加傾向にある。
    なぜそのような問い合わせが増加しているのだろうか。
    振興企業は明瞭な葬儀価格を売りにしているではないのか。
    前章で述べたように、東京都が平成13年に調べたアンケート調査によれば、人が亡くなる場所は82%が病院で、さらに、家族の葬儀のための事前準備をしていない人が64%という調査結果を得ている。
    これらを合わせて考えると、葬儀を依頼する立場の人からすれば、「現実的に病院指定の葬儀社を利用するかどうかが葬儀社の選択を考える大きなウエイトを占め、いったんその葬儀社を利用すると、強引に葬儀まで営業される可能性があるといった、選択が狭まってしまう問題がある。
    そして、現実にそのようなケースは多発しているようである。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 第2章  現在の首都圏の葬儀業者
    第3節  葬儀社の顧客を獲得する仕組み

    次に、葬儀の数が増えても、遺族と契約を結ばなければ、葬儀社は儲けをうむことはできない。特に都市部の葬儀社の、遺族から受注を受けるシステムを検証していく。
    葬儀業者も他の業種と同じように、顧客の獲得が悩ましい課題であるようである。広告や看板などを出し販促を行っているが、実際は人々にその葬儀社のイメージを植え付けることくらいしかできず、直接的に購買行動に移るというものではない。
    しかし一部の葬儀社はもっと確実性の高い顧客を確保する方法を行っている。
    それは病院と警察の指定業者になり患者が亡くなった際に病院が指定葬儀業者を紹介してくる、というシステムを利用することである。
    病院と葬儀業者は常に一心同体の関係で、顧客獲得の確率は他の方法と比べて極めて高いと言える。
    また、事故や事件などでの死亡の場合は警察指定の葬儀業者となるが、それも同様のシステムである
    しかし病院あるいは警察の指定葬儀社になるには、24時間 365日いつでもすぐに対応できる (遺体の運搬葬儀の打ち合わせなどを行える) 専従者を常時1~2名待機させておく必要があり、指定葬儀者には、いつでも顧客を獲得できるメリットはあるが、それだけ人件費も多くかかるというデメリットもある。
    それゆえ、資本力のある大手の葬儀業者しかできないという現象が生まれてきている。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 第2章  現在の首都圏の葬儀業者
    第2節  現在の首都圏の葬儀業界

    また首都圏の葬儀の消費者意識においては、葬儀の準備・かたずけのわずらわしさを避けたいという利便性へのニーズが高まっていることから斎場、ホールの利用者が増加している。このような傾向は首都圏の中でも人口密集している都市部ほど強く、斎場、ホールの有無が葬儀業者の集客力を左右するほどになっており、大手、中小企業を問わず斎場、ホールの保有数は増加し続けている。
    また、近年では葬儀が神聖な儀式であり葬儀業者に対して事前に葬儀費用を尋ねるようなことがタブーであるとの認識が希薄化しており、このようなタブーがタブーでなくなってきているということがアンケート結果から言える。
    その影響もあり、葬儀のおいても葬儀料金体系の明瞭化を求めるニーズが年々強くなってきている。
    そして、これらの背景を受け登場しているのが振興企業であり、新規参入する企業が多くなっている。
    振興企業は1件当たり30万円の葬儀を提示するなど、都市部のニーズに合わせて戦略を立てている。
    具体的には、上記のような格安のプラン、また 「00万円ぽっきりプラン」 などの葬儀の全ての金額を予め決定できるものや、遺族のライフスタイルに合わせた葬儀を提供する、通称 「ライフスタイル葬儀」などの新しいサービスを実施している。
    近年の市場の拡大に伴う振興企業の登場は、業界構造自体にも大きな影響を与えており、これまで閉鎖的であるともいわれた葬儀業界に新陳代謝をもたらしている。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 第2章  現在の首都圏の葬儀業者
    第2節  現在の首都圏の葬儀業界

    では現在の首都圏の葬儀市場にはどのような傾向があるのだろうか。今首都圏の市場の動向を推しはかっておこう。
    2005年度の首都圏の死亡人口は、埼玉 48,095人、千葉 44,021人、東京 93,599人、神奈川58,801人で、合計244,516人となり、同時に約 244、516件の葬儀が行われたことになる。
    また2005年度の全国葬儀人口は、1,083,796人であるので、首都圏は、全国の約1/4を占めていることが分かる。
    たった5都県で1/4を占めていることは、首都圏の葬儀業界競争の激化を示唆している。葬儀社は行政庁による許認可は必要ないので、性格に把握するのはとても困難であるが、都市部の葬儀社は現在約500社が存在するといわれている。
    また、地方と都市部の葬儀では、地方から都市部へ行くにしたがい、葬儀の規模が小さくかつ費用も小さくかつ葬儀費用も小さくなる傾向が強いようである。
    そして地方の葬儀では、まだまだ地域に土着している業者に依頼し、自宅で葬儀を行う場合が大半であるようです。
    都市部の、葬儀規模も葬儀費用もさがっている理由としては、(1)ユーザーの経済感覚に変化がみられること、(2)核家族化、あるいは少子高齢化の進行、(3)都市部を中心に親族、近隣との関係が希薄化、(4)新興企業などによる葬儀料金の明確化(葬儀料金のパッケージ化)などの要因が考えられる。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 第1章  葬儀の歴史
    第2節  現在の葬儀のスタイルが出来上がるまで

    明治時代に入ると、近代化政策から、特に都市部の葬儀の様子は大きく変わっていく。その中でも大きく変化したことは、葬儀に対し宗教性よりも世俗性が勝っていくことである。明治時代の葬儀の特徴は、自宅から葬儀場へ遺体を運ぶ葬送時の長い立派な葬列にあった。
    とりわけ有名人の葬儀にあっては、江戸時代の大名行列さながらの華美・盛大な葬列が人気であった。
    新聞各紙はこの葬列に目を付け、現代のテレビのワイドショーのように大きく紙面をさき、現場取材に力を入れた程である。
    明治時代以降は、この 「葬列」 の事例にみられるように、本来宗教的な儀式よりも習俗的に自由な形式化が進み、その意味で葬儀の自由度が次第に高まっていく傾向が形作られたのである。
    近年では更に葬儀の自由度は高まっており、例えば1991年8月、モーター界の世界ブランド 「ホンダ」の創業者である本田宗一郎氏が逝く際には、 「クルマ屋が交通渋滞を招く葬儀なんかやれない」 と、当時行うのが当たり前だった社葬を拒否し、 「お別れ会」 という会が催された。喪服もなし、焼香もなしで、モーツアルトの楽曲が流れる中、本田氏の人生をたどるビデオがモニターに映し出され、参加者同士が談笑するという和やかな会であったとされている。
    このころから徐徐に葬儀業界はサービスも重視される業界になり現在の葬儀では故人葬、友人葬、家族葬、宇宙葬、市民葬などの、遺族の価値観にあった葬儀を選べる制度を実施している企業が多数存在している。
    このように、日本の葬儀は江戸時代に確立した儒教・仏教を中心とした儀礼から時代背景によりその宗教色が薄まり、習俗性が高まることで大きく変化してきたのである。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 第1章  葬儀の歴史
    第1節  葬儀の成り立ち

    日本では縄文時代、弥生時代は、まだこの頃は権威が高い者にしか葬儀が行われておらず、一般の国民にも葬儀という執り行いが広がっていくのは、鎌倉時代に入ってからになる。鎌倉幕府発足当初は、 「親の遺体を道端に捨ててはならない」 というお触書をなんども出したが、遺棄葬儀がごく普通の時代でもあった。
    しかしそれではあまりにも死者が可哀相であるというので、幕府は寺院を介し親孝行の実践として葬儀(京都郊外の鳥野辺などの火葬) を推奨させた。
    しかしこの時代は、まだそれを執り行いができるのは貴族や武士など比較的裕福な階層が殆どで、貧しい農民にはまだまだ浸透していなかった。
    国民全体に葬儀が浸透していくのは、江戸時代に入ってからになる。江戸幕府はキリシタンの弾圧を目的とし、仏教の僧侶に葬儀をやるように命じ寺請制度を強制した。
    国民にとっては、寺院を介して葬儀をおこなうことがキリシタンではないと証明できる唯一の方法であったため急速に日本全土へ浸透していき、またそれからと いうもの、葬儀は寺院が執り行うものとなっていったのである。
    現在、日本人の葬儀は寺院の僧侶が執り行うものとなっていったのである。
    現在、日本人の葬儀は寺院の僧侶が行うものという固定観念があるが、実は江戸時代から始まった、比較的新しい者である。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 第1章  葬儀の歴史
    第1節  葬儀の成り立ち

    日本では縄文時代は屈葬、弥生時代は石棺、支石墓など、埋葬の仕方には変化と進化がありつつも死者を弔いながら、逆に死者の復活を恐れる風習も存在したと言われています。
    「死を弔う儀式の定式化」 を葬儀と呼ぶこととするならば、日本で葬儀の定式化が進行した時期は古墳時代から始まる事になる。
    3世紀から7世紀に至る古墳時代には、文字どうり古墳の造営が盛んに行われた。
    代表的な形としては前方後円墳と前方後方墳であり、この400年ほどの間に30万以上の古墳が作りだされた。
    それは、その土地の権力者の権威の象徴であると共に、葬儀は大切な家族や友人への愛惜でもあった。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 序論
    今後日本は団塊世代の高年齢化が起因となり、死亡人口はこれから30年間、増加していく一方であると予想されている。おそらくそれに伴い葬儀市場も拡大していくことでしょう。そうなれば、被害が拡大していく可能性も高くなります。
    私たちは以上の問題解決するために、葬儀に関わるサービスや費用について分析・調査していく。
    そして遺族が健全な環境を進め、納得いく葬儀を行える為に、葬儀ビジネスの地域ブランド化を促すための、葬儀社案内幹施センターの改善と、葬儀ID化による、同センターのアフターケアー新サービスを提案する。
    尚、本稿は主要参考文献、並びにNPO法人ライフデザイン研究所葬儀情報支援センター岩村美妙さんへのインタビュウ (2007年9月25日15時~16時30分、東京都練馬区中村北1-13-13サンアメニチィビル6階に依拠しつつ、今後の葬儀業界の在り方について考察していく。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 最近の葬儀事情
  • 序論
    現在の首都圏など大都市部における葬儀では、檀家制 (だんな寺と氏子) の崩壊と地域コミュ二チィ―の崩壊により着実に宗教および地域離れが進行していき、葬儀社という専門業者による形式的葬儀の運営サービスが中心となり、地域の繋がりよりもそのサービスに重点を置いたものとなっている。
    これは言い換えると葬儀は顧客 (遺族) が自由に自分達で選べる商品となってきたこと、つまり一般の商品化の方向を辿ってきている事を示していまる。
    だが、自分達自身で選択できる葬儀サービスというコモヂィチィ市場にシフトしたはずであるが、近年、行われた葬儀に対して 「不当な請求書が届いた」 「見積書と全く違った高額の費用を請求された」
    などの問い合わせや相談、苦情が多発しているという現状がある。
    それはなぜであろうか。
    このコモヂィチィ化とそれに対するマーケット側の不信感に歯止めをかけるためには、、葬儀ビジネスを展開する企業が地域で確固たる信頼を得る、つまりブランド力を増加させる必要性について議論をこれから展開していきたいと思っています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀前の 遺体の海外移送
  • 海外での葬儀費用
    葬儀、遺体処理、海外移送にかかる費用は、国内に負担する人がいればその人に請求し、海外の遺族が負担する場合にはそこに請求します。
    大使館 (領事館) による葬儀費用の支払い保証を受けてのものもありまた受け入れ先の葬儀社を請求先とすることもあります。
    葬儀費用の請求先を事前に確認するか、移送前に料金を受領しておく必要があります。
    葬儀費用には次のものが考えられます。
    1:国内で葬儀した場合にはそれに要した葬儀費用
    2:遺体をエンバーミング施設に搬送した霊柩車または航空機費用
    3:エンバーミングの処理費用
    4:葬儀にかかわる書類作成費用
    5:葬儀にかかわる遺体保管費用
    6:葬儀にかかわる手続きを他に依頼する場合には、その代行費用
    7:葬儀にかかわるエンバーミング処理済遺体の空港への搬送費用
    8:葬儀にかかわる棺、空輸ケースおよび納棺、梱包費用
    9:葬儀にかかわる空港から本国までの航空運賃
    10:その他
    国内の空港から本国までの航空貨物運賃は航空貨物運送業者が算定するものですが、1kgあたりの運賃がわかれば、運賃=(遺体重量+棺重量+空輸ケース重量)x1kgあたりの運賃で実際に請求される運賃とはほぼ近似する値が求められます。
    遺体処理、を民間のエンバーミング施設に依頼するときは、各費用の発生元は1・および 2・が最初の取り扱い葬儀社は、3・から9・までは民間エンバーミング施設となります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)