市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 精進落とし (宴席に加わる人)  「さいたま市、上尾市の 格安家族葬なら市民葬祭へ」
  • 「宴席に加わる人」
    葬儀式で東北の一部では、通夜などのときに予め宴席に招待する人に名刺大の案内状を渡します。一般には遺族が出てほしい人に案内するのですが当日の混乱から見込みの数に増減があります。葬儀後火葬場まで同行した人と手伝ってくれた人だけが席を囲む場合や、できるだけ多くの人に出てほしいと案内することもあります。
    数が見込めるときには弁当、見込めないときには大皿料理などとします。これは葬儀費用にも関係しますので、遺族の意向を予め尋ね、方針を明確にして準備する必要があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 精進落とし (宴席のもちかた)  「さいたま市、上尾市 格安葬儀、は市民葬祭へ」
  • 「宴席のもちかた」
    葬儀後に一般には、宗教者の話、葬儀委員長など世話役の挨拶、喪主挨拶(喪主挨拶を先にすることもある)に続いて飲食に入りますが 、決まった形は特にありません。宗教者を上席にし、遺族は末席に位置するのが一般的です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 精進落とし (精進落とし)の意味   「さいたま市、上尾市 の葬儀、は市民葬祭へ」
  • 「精進おとし」の意味
    火葬後、または葬儀・告別式の終了後に設ける宴席を一般には「精進落とし」と言います。ただし、浄土真宗では「精進落とし」とは言いません。葬儀・家族葬の後、地方によって、「精進揚げ」「忌中祓い」「精進落ち」「お斎」「直会」「仕上げ」 などと呼ばれています。葬儀で関東では、通夜振る舞いや精進落としの宴席を「お清め」と呼ぶ事がありますが死穢を祓い清めるといういみですから、あまり適切な表現とは考えられません。
    元来、魚や肉などを食べずに精進した中陰の期間に区切りを付け、日常生活に戻ることから精進落としと言われ、魚や肉などの「なまぐさもの」が出されました。葬列を始める前に死者との食い別れの宴席を設けたこと、葬儀後に手伝ってくれた人にお礼の振る舞いをしたこと、の2つがこれに合体したものと考えられています。
    これが,各地から集まった人が長い間は滞在できないこともあって、火葬または葬儀・告別式に行われるようになったものと思われます。
    この宴席の意味は大きく2つあります。
    1:葬儀、家族葬共、僧侶などの宗教者、手伝ってくれた方への感謝の席
    2:葬儀、家族葬共、故人をしのんで食事をし、話をし、交わる席
    地方によってさまざまな呼び方があるのも、どの意味を強調するかによって変わっているものとおもわれますこの様に、葬儀・家族葬の現在の宴席はいくつかの意味が合体したり、変容した者ですから、現代的な表現をとるなら「感謝の会」(席)」「偲ぶ会となるでしょう。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 火葬   (帰路の習俗)    「さいたま市、上尾市 の葬儀、家族葬は市民葬祭へ」
  • 帰路の習俗
    葬儀ならびに家族葬の後、火葬場からの帰路は往路と道を帰るという習俗があります。昔、葬儀後葬列を組み葬地に埋葬した後、死霊が追いかけてきても迷って道が分からないようにと道を変えた名残りといわれています。
    最近は気にする人が少なくなり、行われないことが多いのですが同乗者に特別気にする人がいる場合には配慮します。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀の知識      ( 葬儀の時の返礼品 )
  • 葬儀の時の返礼品の種類
    葬儀(葬式)で使われる返礼品を種類分けすると次のようになります。
    3:香典返し
    葬儀(葬式)のときの「側返し」の場合、一時は香典の金額を調べて、その金額に応じた商品を返すことも行われましたが、「葬儀で香典の金額で返礼品を区別するのはおかしい」という理由で、今では一律が多くなっています。単価は2,000円~3,000が多く中には4,000円という地域もあります。
    結婚披露宴の引き物同様にチョイス・ギフト(カタログを渡され、会葬者が希望の品を選んで郵便で申し込む方法)もあります。
    一方 「 葬儀が終えて忌明返し 」 は、三十五日あるいは四十九日の忌明けを持って礼状を添えて返礼するものです。
    すぐ返すには失礼だということから、おそらく明治期に都市より慣習化していったものと思われます。
    葬儀の香典の額と同額では相手の好意を無にすると言うので、半返し(二分返し、とも言う。半額の商品を返すこと)
    三分返し(3分の1の金額の商品を返すこと)が一般的です。
    タオルなどの繊維製品が人気を集めているようです。
    この他、葬儀(葬式)の余剰金を社会福祉関係に寄付するとか、遺児の養育費に充当するとかし、香典返しを行わないこともあります。社会福祉関係に寄付するときは市町村役場の社会福祉課が窓口となってくれます。
    葬儀の香典返しを行わないときには、その用途を忌明けの挨拶状に記します。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • さいたま市、上尾市の葬儀、葬式は市民葬祭へ
  • 市民葬祭は、さいたま市、上尾市、伊奈町を中心に活動をしております。
    地元の皆様に愛されて18年過ぎました。
    御蔭さまで安定した経営を営んでおります。
    これからも低価格、安心葬儀を基本に於いて日々努力してまいります。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。
    これからも多くの皆様に感謝される葬儀を続けてまいります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀の知識      ( 葬儀の時の返礼品 )
  • 葬儀用の返礼品の種類
    葬儀(葬式)で使われる返礼品を種類分けすると次のようになります。
    1:通夜用返礼品
    通夜に弔問に訪れた人への返礼品。
    通夜の弔問が多くなり、通夜振る舞いの席に出ないで帰る人の為にその代用品としての性格が強いものです。
    酒、砂糖などの飲食品の詰め合わせが多く、お菓子などを渡す例もみられます。中には葬儀の通夜振る舞いで食中毒を起こしたことから、通夜振る舞いを廃止して寿司券などの食事券を渡すようになった地域もあります。
    葬儀の通夜振る舞いの席に出た人には通夜返礼品は渡さないものとされていた所でも、最近では弔問者全てに渡すように変化しています。
    また、葬儀・告別式に弔問しないで、通夜に弔問する人が増えたことから、葬儀(葬式)・告別式と同じ会葬返礼品を渡すこともおおくなりました。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀の知識        ( 葬儀の時の返礼品 )
  • 「 葬儀の時の供養品 」 の意味
    葬儀(葬式)ではさまざまな返礼品がも用いられますが、これを一般に「供養品」と
    よんでいます。
    「供養品」とは、葬儀(葬式)において手伝ってくれた人や会葬者に振る舞う品物の事を
    言います。
    「 他者に布施することによって仏に徳を積み、これを死者に振り向ける 」ことから
    「 供養のための品 」ということで 「 供養品 」 とよばれます。
    通夜や葬儀(葬式)のときに会葬者に食事や酒を振る舞ったり、お菓子を出したりするの
    は、死者の滅罪を願って行われる布施の1つで、死者の供養につながるという考えから
    生まれたものです。
    昔、葬儀で葬列が出発するに際して籠に菓子や小銭を入れ、見送る人々に撒いたのも
    このためです。
    現在「粗供養」と呼ばれる、葬儀(葬式)・告別式の会葬者への返礼品は、本来は香典の
    有無に関係なく葬儀(葬式)に集まった人に菓子などを振る舞ったことから来ています。
    これが今では、死者の供養の為と言う 仏教葬儀独特の意味から転じて、会葬してくれた
    人々へのお礼の品という意味会いを強めています。
    さらに遺品の形見分けになぞらえて、「心分け」という意味ずけを返礼品にあたえたら
    どうかとの提案も出ています。
    また、「 粗末な供養しかできませんが 」 という想いから生まれたと思われる 
    「 粗供養 」 という通称自体に 「 粗末な供養なんかあるか 」 という批判も
    あります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀の知識      ( 葬儀の時の香典 )
  • 「 葬儀の時の香典の上書き 」
    仏教葬儀の場合、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書くのが正しいととされ、極端にはどの宗教でも葬儀(葬式)の香典は「御霊前」と書いてよい、との説明がされることが多いようですが、これは俗説で、誤りです。
    浄土真宗では亡くなった方は即浄土に往生したのであり、「霊」は認めていませんので「御霊前」は用いません。
    また、「特にこだわらない」とするものの、曹洞宗などの禅宗では教義に「浄土」はありませんので「成仏以前」とするのが一般的です。
    死者に香典を出すのではなく「本尊である仏様に捧げる」という意味であるなら「御仏前」になります。
    キリスト教でもカトリックは葬儀の時 「御霊前」 を許容していますが、プロテスタントでは否定しています。
    こうしたことから言えば、「御香典(香典)」「御香資」「御香料」は中立的な表現になります。
    また、キリスト教葬儀でで「お花料」、神道で「玉ぐし料」「雄榊料」とするのは「御香料」などと同じ扱いです。
    しかし、葬儀のとき会葬者の立場に立つと、必ずしも喪家の宗教・宗派を理解したうえで会葬するとは限りませんので、自らの宗旨で上書きを選択してもよいでしょう。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀の知識     ( 葬儀の時の香典 )
  • 「 葬儀の時の香典の意味 」
    葬儀の時食料香典の由来は、仏教的には香が「仏の食べ物」という意味から転じて「食料」になったものと考えられますが、げんじつてきには葬儀で食事の振る舞いが盛んに行われたことにもとめられます。
    葬儀の期間、地域の共同体に属する人々は子供も含めて喪家の振る舞いに与かり、自分の家では食事をしなかったという記録もあります。
    喪家では死者の成仏を願い、滅罪するための布施として人々に食事をふるまいました。
    現在でも「ホトケの供養になるから」と食事の席に連なることが求められるのは、このためです。
    葬儀の時振る舞いのための食料を用意する必要から、親族は多量の食料を提供しました。
    これが「親族香典」です。
    かつては忌みの観念が強かったため、親族香典は忌のかかる程度に比例した香典、つまり故人との血縁の親疎に比例して葬儀に香典をだしたとも説明されています。また近隣の人々は自分たちの食する分をもちよりました。
    これが「村香典」です。
    現在でも親族の香典は多額で近隣の人々の香典は小額なのが一般的です。
    葬儀(葬式)を出すと近隣の人々に振る舞いをしなければなりませんでしたが、これは多額な出費となりました喪家やその親族の負担は大きく、貧しい家では「葬儀(葬式)を出せないという事態も出て、香典はそうした状況に対応する相互扶助としての意味ももっていました。
    今でも地方の古い家では、かつて自分の家で葬儀(葬式)があると、前に自分の家で葬儀(葬式)があった時にその家が出してくれた香典と同等の金額を送るということが行われています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)