市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 通夜 (通夜の服装) 「さいたま市、上尾市 の葬式は市民葬祭へ
  • 通夜の服装

    近年は黒服が仏事の礼服として一般化したこともあり、遺族・関係者のみならず、弔問客も黒服を着用することが多くなりました。

    通夜と葬儀・告別式との境がなくなってきたことと、礼服マナーが説かれるようになったことから、戦後(特に昭和50年代以降)になって通夜における黒服着用が一般化してきたという経緯があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀・告別式 (葬儀式と告別式) 「さいたま市、上尾市 の葬式は市民葬祭へ」
  • 葬儀式と告別式
    葬儀・告別式は、古くは、自宅での出棺の儀礼の後、葬列(野辺の送り)を組んで葬場の行き、葬儀式を行い、火葬または土葬をしたというのが一般的であったと思われます。葬列がなくなって、自宅での儀礼と葬場での儀礼が一体化したことにより、現在の葬儀・告別式が誕生しました。
    葬儀・告別式は、葬儀式と告別式という本来は違った性格の儀礼が合体したものです。
    葬儀式は死者をこの世からあの世に引き渡す宗教的な儀礼であり、告別式は会葬者が遺族に慰めの言葉を寄せ、一人一人焼香または献花して死者に別れを告げる儀礼です。告別式は故人の知り合いの人たちが弔問する場を儀式として組織したものです。したがって、葬儀式は宗教儀礼であり、告別式は社会儀礼であると位置ずけることが可能でしょう。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (さまざまな通夜振る舞い) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ
  • さまざまな通夜振る舞い

    通夜振る舞いにもさまざまな形があります。酒食を供するのではなく、弔問客にお菓子をもって帰ってもらうもの、お茶だけを供するところ、食事券(寿司屋などの)を渡すものなど地方により異なります。

    また、一般の弔問客には酒、砂糖などの詰め合わせを渡して振る舞いに代えることもありますし、翌日の葬儀・告別式のときと同じ会葬返礼品(粗供養)を渡すだけにすることもあります。

    食事を供する場合には、人数がその場にならないとわからないので、弁当などよりは盛り合わせ料理の方が適しています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 飾り付け (飾りの歴史) 「さいたま市見沼区の葬儀社市民葬祭です」
  • 最近、通夜が告別式同様に会葬者の弔問を受ける場に変化してきたことから、通夜でも葬儀、告別式と同じ祭壇を飾ることが多くなってきました。しかし、今でも通夜のときには祭壇を飾らないという地方があります。
    もともと通夜は、遺族にとっては死を完全には受容したことはいいきれない、生と死の境界にある時間です。ここで正式の祭壇を飾ると死をはっきり認めたことになるというので避けられたのでしょう。通夜では喪服を着用しない、香典を持参しない、持参するなら「お見舞い」とする、などとされたのも同じ理由によります。
    歴史的には、自宅では棺の前に枕飾り(あるいは多少プラスした飾り)を置いて死者を守り、葬儀当日に出棺、葬列を組んで寺院(あるいは火葬所の葬場)に赴き、そこに遺体を安置し、葬列の道具である野道具を立てかけて葬儀をしました。この枕飾りと野道具の2種類の飾りが合体したのが、現在の祭壇と考えられます。
    したがって、通夜のときには棺の前に枕飾りをそのまま、あるいはそれを多少手直しした程度の飾り付けを行うことがあります。また、葬儀、告別式は寺院で行うため、自宅には「自宅飾り」を行い、寺院では別に「寺飾り」と称する飾り付けを行うことがあります。
    飾りは宗教宗派や地域によっても、あるいは、遺族の考えによっても変わるものですから、注意と確認が必要です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (注意点) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ」
  • 注意点
    1:式場の広さを確認し、柩の前に座る人を確認します。関係者だけで営むときには
    順次座ってもらっていいでしょうが、弔問客が多い時には会葬者の待機する場所
    、誰に中に座ってもらうか、等を事前に確認しておきます。
    2:スペースの関係もありますから、通夜振る舞いの席に弔問客全員を案内するのか、
    関係者だけにするのか、確認しておきます。葬儀費用の見込み違いに「接待費用が
    思いがけなくかかった」ことがよくあります。事前に方針をきちんと確認しておく
    必要があります。
    3:遺族の心身の疲労もあるので、通夜振る舞いの終了時刻を確認しておき、自然に
    終わりに持っていくよう配慮します
    4:かたずけ、整理を行い、遺族、関係者の方に過ごしていただく場所の設定を
    行います。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (進行) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ」
  • 進行
    通夜は歴史的にも変化してきたものですし、地域によっても営まれ方が異なります。そのことを前提として仏教式の一般的な法要の進め方を以下に示します。
    1:時間がきたら遺族、関係者は着席します。
    2:導師が着席し読経が行われます。
    3:導師の指示により、遺族、関係者の焼香、弔問客の焼香が行われます。遺族関係者の焼香は回し焼香の事もあります。
    4:導師による法話が行われます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (現代の通夜) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ」
  • 親族も地元にいるとは限らず、また、いろいろな人に連絡する都合もあって死の当日は「仮通夜と称して家族で死者を守り、葬儀・告別式の前日を「本通夜」とするケースが多く見られます。
    (本)通夜は夜の6時〜7時の1時間程度を僧侶の読経と弔問客による焼香にあて、終了後弔問客に対して「通夜振る舞い」の酒や食事を供し、1〜2時間で順次散会、あとは遺族や身近な者だけで死者を守る、というものが一般的です。
    都会では、仕事の都合から昼間仕事を休んで弔問するよりも、昼間の弔問が便利という事で、通夜の参列者が告別式の参列者よりも多くなるという傾向がありこれが、全国的に広まりつつあります。この事から、通夜が告別式並みに営まれることが多くなり「通夜式」なる表現も現れてきて論議を呼んでいます。
    キリスト教のプロテスタントでは、通夜は「前夜祭」と呼ばれ、礼拝が行われます。カトリック、プロテスタント共に派手な「通夜振る舞い」は避ける傾向にあります。宗教、地域の習慣の違いにも注意しましょう。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 通夜 (通夜とは) 「さいたま市、上尾市の葬儀は市民葬祭へ」
  • 通夜とは古代のもがりの遺習であるとか、臨終の際の看病の延長にあるものであるとか、言われます。夜伽とも言われ、夜を徹して死者を見守ります。しばしば死者の枕もとでお経が読まれ、念仏が唱えられました。
    死とは法律的には「心停止」というある(点)ですが、遺族や身近な人たちにとってはすぐ受け入れられることではありません。そこで、夜を徹して死者と最後に過ごす大切な時間であると言えると思います。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀設営の幕張 (作業場の注意) 「さいたま市見沼区の葬儀社市民葬祭です」
  • 幕は基本として真ん中から左右に張ります。これは布の重さを分散するのと、片側だけに偏って引っ張り過ぎない為です。
    ひだ幕には縦ひだ張りがあります。これに対して、平面的に張るものを「平幕」と呼びます。横ひだ張りで平幕の約3倍の量の幕が必要です。
    縦ひだ張りは横ひだ張りよりさらに立体的な仕上がりとなり、装飾性が強調されます。また、その分、時間も幕の量もより多く必要です。円筒、二重円筒、半円筒などが組み合わされ、水引幕の代わりに、横ひだ張りは祭壇の背幕や脇幕として使用される例が多いようです。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀設営の幕張 (作業場の注意) 「さいたま市見沼区の葬儀社市民葬祭です」
  • 幕は基本として真ん中から左右に張ります。これは布の重さを分散するのと、片側だけに偏って引っ張り過ぎない為です。
    ひだ幕には縦ひだ張りがあります。これに対して、平面的に張るものを「平幕」と呼びます。横ひだ張りで平幕の約3倍の量の幕が必要です。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)