市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • さいたま市の葬儀費用が一目でわかります。 (見沼区の葬式は 市民葬祭へ) 「 見積もり」
  • 市民葬祭のホームページはさいたま市の葬儀費用が一目でわかるように作成してますので一度ご覧ください。
    「見積もり」 (請書の作成)
    見積書を作成し、遺族側の了解が得られたら請書を発行します。請書は見積書と複写方式にしておき、業者の記名(捺印)をしておきます。これを交換することにより、業務委託契約の証とします。
    このとき、以後に物品やサービスの追加・変更の要請があったときの措置を決定しておきます。追加、、変更の決定はだれがするかを明確にしておかないと、後の清算の際にトラブルが起きることがあります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • さいたま市<家族葬>家族中心のお葬式 (見沼区の葬儀は 市民葬祭へ) 「 納棺」
  • 「納棺」 (その他の遺体処置)
    「納棺し」「死化粧」などと言われる遺体処置を専門とする業者が出現しているのが近年の特徴となってます。
    病院による清拭をより本格的にした処置まで施すことにより、それぞれ評価を高めていますが、遺体を本格的に処置することから、作業を行う人達に対する公衆衛生上の教育、排水の処置などが課題となります。
    本格的な遺体処置とは、
    1:遺体を湯または水を絞った布、または消毒用アルコール、あるいは防腐性薬液などで身体を拭き清め、
    2:目や口を閉じ
    3:鼻、耳、口、肛門に脱脂綿を詰めて体液の漏出を防ぎ、
    4:傷口は包帯で縛り、
    5:頬がこけているときは脱脂綿を口に含ませて膨らませ、
    6:髭剃り、髪の整え、爪切りなどを行い、化粧を施すといった内容で、さらに衣服を着替えさせます。
    一般的に葬祭業者が行う遺体処理は
    1:病院での清拭からの乱れを修復し、
    2:軽く顔などの表面を消毒用アルコールで拭き、
    3:着替えを行うか、上から死に装束をかぶせるといった内容です。顔を消毒用アルコールで拭き清めるのに遺族を参加させることもよくおこなわれます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀のときに用いる お 布施
  • お布施とは
    葬儀で使う布施とは、布施は菩薩(悟りを求めて修行する人)が行うべき6つの実践徳目の1つとされており施す人も、施されるひとも、施す物品も本来的に空であり、執着心を離れてなされるべきものとされています。
    葬儀のときの布施とは別に布施はさまざまに分類されますが、一般的に次の3つに分けられます。
    1:法 施
    正しい仏法の教えを説き、精神的な施しを行うこと、僧侶の務めとされています。
    2:財 施
    出家修行者、仏教教団、貧窮者などに財物、衣食などの物品を与えること、仏教の教えの感謝を表し、施すことです。

    3:無畏施(むいせ)

    施無畏とも言い、不安や惧れを抱いている人に対し安心の施しをすること、困った人に対する親切を施すこと、などです。

    さいたま市、上尾市での現在の葬儀のときのお布施は只端に金額のみと判断されます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 公営式場をお勧めする理由 (見沼区の葬式は 市民葬祭へ) 「 見積もり」
  • さいたま市には公営式場が3ケ所あります、民間の式場は費用が高衣です、それに比べれば公営式場は安く借りることができますので、葬儀費用が安価に済みます。但し利用者が多いため一週間くらいは待たないと無理のようです。
    「見積もり」 (請書の作成)
    見積は確かに(任せる)と言われることもすくなくありませんし、遺族側との日常的な付き合いから信頼関係ができていて「見積もり書は不要」といわれることも少なくないと思います。しかし、口頭約束はうまくいったときには問題ありませんが、後からトラブルが合った場合に困ります。業者の責任として見積書の作成請書の作成は必ず行います。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • さいたま市民の為のお葬式を (見沼区の葬式は 市民葬祭へ) 「 枕飾り」
  • 市民葬祭はさいたま市民の為に(地元)よいお葬式を常に考えております。お客様の立場に立ってお葬式を行うことがよいのではないかと思います。
    「枕飾り」 (神棚と仏壇)
    神棚には白紙(白い半紙)を貼る習慣が多く見られます。これは神道が穢れを避けることから、死穢が神棚におよばないようにということで行います。この作業は忌みがかかっていない他人に頼んでやってもらうこととされ、忌明け後にとりのぞきます。
    仏壇の扉は開けておくのが基本とされています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • ご葬儀の時に頂く 戒名  (法名・法号)
  • 1:頭の文字、置字
    葬儀で使う戒名を書く場合、その上下に文字を足すことがあります。
    葬儀で使う戒名の文字としては、「新帰元」「新円寂」「帰真」などと付けることがあります。
    これは新しく仏になったことを意味し、葬儀の際の白木の位牌にのみつけます。
    また、葬儀のとき、戒名の下に置字として「霊位」「位」と書くことがありますが、浄土宗、浄土真宗などでは用いません。

    さいたま市、上尾市での現在の葬儀のときの白木の戒名は全国と変わりはありません。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • さいたま市でのお葬式のご用命は (見沼区の葬式は 市民葬祭へ) 「 枕飾り」
  • さいたま市でのお葬式は見沼区にあります市民葬祭は低価格、安心葬儀を心がけております、是非ご用命ください。
    「枕飾り」 (守り刀)
    遺体の枕元あるいは遺体の上に守り刀、刃物を置く習慣があります。死者が武士の場合に枕元に刀を置いた名残であるとか、魔除けや死霊に対する鎮魂のため、死者の魂が持ち去られることを防ぐため、死霊を封じ込めるため、などのさまざまな言い伝えがあります。
    このため遺体の上に置く場合でも刃先を足の方向のするか、顔の方向にするか、地方により異なります。葬儀習俗の1つで浄土真宗系では使用しません。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬具  「葬儀(葬式)に使用する道具」
  • 1:六道(ロクドウ)
    葬儀の時に篠竹に小ロウソクを6本立てたものを言います。
    中には8本あって2本は葬儀のときの葬列に先行して辻に立てるところもありました。
    元は葬列の先頭の案内の灯明だったと思われます。
    しかし、死者は生前の行いによって六道のいずれかに行くとされ、たとえいずれに行っても六地蔵に助けてもらおうという地蔵信仰が六道ロウソクになったと思われます。
    葬儀のときの祭壇の上部両側に6本の灯明が飾られるのが六道の名残です。

    現在のさいたま市、上尾市の葬儀にはこのようなことはほとんど行われてなく葬儀式場で葬儀を行います

    家族葬、市民葬も同じく葬儀式場で行います。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • さいたま市の葬儀費用は明瞭に (見沼区の葬式は 市民葬祭へ) 「 枕飾り」
  • さいたま市の葬儀費用ですが、分りずらいと言われることがあります。市民葬祭はこの様な事がないように葬儀費用を明瞭にいたしております。
    「枕飾り」 (逆さ屏風)
    古くからの習俗で、遺体の周囲に屏風を上下逆さにしてたてることです。死の世界は日常の世界とは逆であるとの考えから、上下を逆にすると言われます。
    屏風をめぐらせるのは、遺体を悪霊から守るため、あるいは死霊が周囲の人におよばないように、など土地により相反する言い伝えがあります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 費用をかけずにお葬式 (見沼区の葬儀社 市民葬祭) 「 見積もり」
  • さいたま市見沼区の市民葬祭は低価格、安心葬儀を心がけています。費用をかけないでもよいお葬式を行っていただきたいと思っています。
    「見積もり」 (提案書の作成)
    口頭で説明して理解できないものについては、写真を示したり、絵で表現したりして、理解を得ながら進める必要があります。地域の習慣に沿って行う場合や、遺族が内容をよく理解している場合には簡単に済みますが、口では理解したつもりでも実際にはそうでないことがよくあるので、説明は丁寧に確認しながら行います。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)