市民葬祭のブログです。
葬儀に関する様々な情報の発信をしています。

  • 葬儀の時の  祭壇
  • 葬儀の時の 祭壇の位置づけ
    葬儀(葬式)に祭壇をどう位置づけるかについては、現在、必ずしもコンセンサス(合意)が得られているとは言えない状況です。
    その原因の1つは、葬儀式と告別式が同時に行われることにあると考えられます。
    宗教儀礼として葬儀(葬式)を営むのであれば、仏あるいは神の導きによって死者をあの世に送ることがその基本になります。
    仏教葬儀の一般においては、仏を供養することによって得られた功徳を死者に振り向けるという間接的方法をとりますし、キリスト教葬儀の場合礼拝が中心ですがその対象は神です。
    したがって、仏教葬儀では中心に本尊を置き、また、キリスト教葬儀などでは死者が礼拝の対象とならないようにすべきです。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀用の 祭壇
  • 葬儀用の 祭壇の原型と変換
    戦後、葬儀(葬式)の中心が告別式になると、立派な祭壇を飾ることが故人を弔うことだという考え方が生まれ葬儀(葬式)に使用する祭壇の大型化が図られるようになりました。
    また、葬儀用祭壇メーカーがさまざまな祭壇を開発商品化したことも今日の祭壇隆盛の時代を迎えた一因です。
    また、葬儀(葬式)に使う祭壇が立派になると共に寺院側でも寺院の荘厳を参考にして、宗派に合わせた荘厳を要請するようになりました。
    現在、葬儀(葬式)が個人化すると共に、祭壇は故人の人柄に合わせた生花祭壇なども流行するところとなっています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀用の 祭壇
  • 葬儀用の 祭壇の原型と変換
    葬儀(葬式)で用いる祭壇は「葬儀壇」とも言います。かつて葬儀(葬式)は、自宅での法要と、葬列を組んで葬儀場あるいは菩提寺に行っての法要という「二段構え」でした。この二つの法要が合体し、特に葬儀場あるいは寺院での葬儀(葬式)のかざりが現在の祭壇の原型になったと思われます。
    葬列があった当時、葬儀場や寺院の飾りは、柩の前に野机(野卓)と言われる小机を置き、白布で覆い、その上に三具足、位牌、供物を載せ、両脇に供花や供物、後ろには葬列で用いた幡などの野道具を並べるといったものでした。寺院では内陣に柩を置くことはなく、外陣に柩を置いて葬儀(葬式)を行いました。
    その小机が大きく、仏檀や盆棚のように段々になり、2段、3段と増えていきます。仏檀や寺院の荘厳(お飾り)をならってその壇を須弥壇と称する考えも出てきました。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀に使用する 棺
  • 葬儀に使用する 棺のサイズ
    葬儀(葬式)に使用する棺のサイズは、大きく、成人用と「子供棺」と言われる子供用のものとに分かれます。
    成人用はさらにいくつかのサイズに分かれていますが、葬儀(葬式)に使用する棺はメーカーによって必ずしも統一されていません。
    また火葬炉の制約を受けることもあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺の一応の標準は外寸が長さが180cmx幅48cmx高さ41cmですが、子供棺を除いてもながさは165cm~197cm、幅43cm~62cm、高さは35cm~50cmと範囲があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀に使用する 棺
  • 葬儀に使用する 棺の納品形態
    葬儀(葬式)に使用する棺の納品形態には、材料を納品してもらって葬祭業者が組み立てる場合と組みあがった状態で納品される場合の2つがあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺の材料だけを納品してもらう場合は、多量に運搬できるというメリットがあり通常フラッシュ棺で使用される方法です。
    葬儀(葬式)に使用する棺は、また、組み立て作業の負荷や保管用スペースを減らすために、葬祭業者がメーカーから直接納品してもらうのではなく、組み上げ業者を経由して少量ずつ購入するケースがあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺は仕入れ単価は高くなるものの、組みあがり、内装も済んだ状態で受け取ることができます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀に使用する 棺
  • 葬儀に使用する 棺 の納品形態
    葬儀(葬式)に使用する棺の納品形態には、材料を納品してもらって葬儀社が組み立てる場合と組みあがった状態で納品される場合の2つがあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺の材料だけを納品してもらう場合は、多量に運搬できるというメリットがあり通常フラッシュ棺で使用される方法です。
    葬儀(葬式)に使用する棺は、また、組み立て作業の負荷や保管用スペースを減らすために、葬祭業者がメーカーから直接納品してもらうのではなく、組み上げ業者を経由して少量ずつ購入するケースがあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺は仕入れ単価は高くなるものの、組みあがり、内装も済んだ状態で受け取ることができます。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀に使用する 棺
  • 葬儀に使用する 彫刻棺、インロー棺など
    葬儀(葬式)に使用する棺には表面に彫刻が施された彫刻棺には、二面彫刻、三面彫刻、四面彫刻、五面彫刻、さらに機械彫りか手彫りかの区別があります。
    葬儀(葬式)に使用する棺は蓋に対面用の窓がついた棺、また遺体衛生保全(エンバーミング)処理した遺体を良く見せるため、蓋の半分を外して透明なプラスティックの覆いを付けた棺などもあります。
    葬儀(葬式)に使用する棺の蓋部分に丸みを持たせた棺は、その形状から「R棺」と名ずけられており、その他にも、本体と蓋の組み合わせを印籠にならった「インロ―棺」など葬儀(葬式)に使用する棺には多彩な棺があります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀に使用する 棺
  • 葬儀に使用する 棺 の種類
    葬儀(葬式)に使用する棺には大きく分けて、1:天然木棺、2:フラッシュ棺、3:布張り棺、の3種類があります
    3:布張り棺
    葬儀(葬式)に使用するフラッシュ棺の表面に布をはったものです。
    葬儀(葬式)に使用する棺は古くから布張り棺としては、キリスト教葬儀(葬式)で用いる俗称「キリスト棺」十字架の刺繍がある黒布で包まれた舟型の棺が有名です。
    葬儀(葬式)で現在多く使用されている布張り棺は、米国の葬儀(葬式)でのキャスケットのデザインに影響を受けたもので、映画「お葬式」(ご葬儀)に使用されたことから80年代後半より都市部を中心に人気になり、ファッション感覚に優れているとして、葬儀(葬式)では特に故人が女性の場合に好まれています。
    葬儀(葬式)に使用する棺としては、中級品とされますが、さらに布張り棺の上級品としてビロード張りのビロード棺があります。
    葬儀(葬式)で使用する棺はこの他にごく少量ですが、ダンボール棺も使用されています。葬儀(葬式)で使用するダンボール棺は、一時は日本にもあったのですが、使用されなくなっていました。
    しかし近年、葬儀(葬式)では米国で火葬用にダンボール製の棺が使われるケースも出てきたことから、再び日本でも葬儀(葬式)に用いられるようになっています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀用の 棺
  • 葬儀用の棺の種類
    葬儀(葬式)に使用する棺には大きく分けて、1:天然木棺、2:フラッシュ棺、3:布張り棺、の3種類があります
    1:天然木棺
    葬儀(葬式)に使用する天然木棺には、マキ、モミ、ヒノキなどの天然木を用いた、最高級とされる棺です
    中でもヒノキの天然木棺が、葬儀(葬式)では最高級と言われます。
    2:フラッシュ棺
    葬儀(葬式)に使用する「フラッシュ」は「偽物の」と言う意味で、外からは天然木に見えても、中が空洞になった木棺をいいます。軽量なために現在の葬儀(葬式)にはこれが主流になっています。
    ベニヤ在を上下に2枚、間にそれらを支える芯材を枠組みして貼り合せます。
    仕上げ方法により、さらに
    A:突板張、B:プリント合板、、分かれます。葬儀(葬式)にはこの様なものが使用されます。
    A:突板張棺
    葬儀(葬式)では本物の天然木をスライスして薄くしたものをベニヤに貼り付けて作ります。
    表面は確かに本物の高級木材を使用してますが、中はベニヤと空洞です。
    これが葬儀(葬式)に使用するのが一般的です。
    葬儀(葬式)に使用する棺は表面に貼る天然木にはさまざまな木材が使われますが、キリの突板張棺が主流になっています。葬儀(葬式)に使用する棺は中級品です。
    B:プリント合板棺
    葬儀(葬式)に使用する棺は薄い用紙に木目と色を本物そっくりに印刷し、それをベニヤの表面に貼りつけた棺で、印刷技術の発達によって生まれました。
    葬儀(葬式)に使用する棺は印刷ですからヴァリエーションに富んだ品物を作ることができます。
    葬儀(葬式)に使用するプリント合板棺の棺は最も安価ですが、葬儀(葬式)に使用する棺のなかには
    突板張棺よりも高価なものもあり、葬儀(葬式)に使用する棺は普及品から中級品まで揃っています。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

  • 葬儀       ( 葬儀に使用する棺 )
  • 葬儀に使用する棺を表す言葉
    現在、葬儀(葬式)に使用する「ヒツギ」には棺と柩の2通りの表記があります。
    葬儀(葬式)ではこれをあえて厳密に区別すると、物としてのヒツギが棺で、遺体が納められた状態の棺を柩と書き表す。
    葬儀(葬式)のときの「霊柩」という語は、遺体が入棺された状態を表します。
    葬儀(葬式)で古く座棺として使用されたのは桶でした。
    オケやコガ(桶の別称)、特にハヤオケ(早桶、死ぬと急いで作られることからこう呼ばれた)は棺を指す語として使われました。
    さらに、由来についてはよくわかりませんが、フネ(船、舟)も葬儀(葬式)では棺を表す言葉として使われています。
    また、葬儀(葬式)では昔は「龕」という表現も用いました。
    「龕」は棺、柩のことを表すだけでなく、棺を納める輿を意味することもあります。
    葬儀(葬式)では英語で棺はコフィンです。
    現在の米国で使用されている棺はキャスケットといわれます。
    キャスケットは「宝石の小箱」「貴重品入れ」かく大理石製など葬儀(葬式)では多様なキャスケットがあります。

    (ご不明な点は市民葬祭へご連絡ください。)

    (さいたま市。上尾市の葬儀・葬式・家族葬・市民葬のさいたま市見沼区の葬儀社、市民葬祭です。)

全64ページ« 最初6061626364