お客様よりよくある質問を、Q&A方式で掲載します。

お寺様との付き合いがないのですが、紹介をお願いできますか

  宗教者の紹介もいたします。 ご依頼の際は、ご自宅の位牌や、仏壇、お墓などを参考に
  宗派を確認しておくことをお勧めします。
  ご不明の場合はご親戚の方に聞いてみるのも確認する一つの方法です。

今病院にいるんですけど、もしもの時は病院指定の葬儀社にお願いすべきでしょうか

  病院にお世話になったからといって、病院指定の葬儀社に依頼するのが最善の方法とは
  限りません。
  市民葬祭では、お亡くなりになられたかたのお迎えから、葬義まで関わる全ての手続きを
  万全な配慮をもってお手伝いいたします。
  又、病院指定の葬儀社は、大手が参入しているため、葬儀費用は非常に高くなるのが
  一般的ですのでご注意ください。

自宅がマンションなので自宅での安置が難しいかとおもいます。葬義まで安置する施設を手配してもらえますか

  はい、市民葬祭の施設に安置いたします。 現代の住宅事情はさまざまで、マンションに
  お住まいの方も多くいらっしゃいます。
  ごじたくのご安置が難しく、葬義まで日が開くなどの場合は、斎場のご安置室をご利用に
  ケースも増えています。
  式場等の手配も市民葬祭が行いますので、安心してお申し付けください。

葬儀の準備はなにがありますか

  最初に、ご家庭でどのような葬儀にするか方針を決めることです。葬儀担当者が付いて
  手配や準備を行いますので、以下のポイントをご参照に葬儀のご準備をしてください。
  1:個人が生前希望していた葬儀の方法を確認する
  2:宗教・宗派を確認する
  3:葬儀を知らせる範囲を決める(人数、規模など)
  4:お手伝いを地域の人に頼むかをきめる

自宅から準備してくものはありますか

  祭壇に飾るご遺影が必要となりますので、故人のお写真をご用意しておいてください。
  出来るだけはっきりと大きく写っているもの、表情の良いものを選んでおくと良いでしょう
  また、印鑑もお忘れなく(シャチハタ以外)。死亡届の手続きをする際必要になります。

葬儀の日程、場所はどのようになりますか

 宗教者の都合や火葬場、式場の空き具合などを確認した上で決定します。
 一般的にはお亡くなりになられた当日の夜に身内中心の仮通夜、翌日にお身内以外の御弔問
 も受け付ける通夜を行い、翌々日に葬儀・告別式を執り行います。
 斎場や、火葬場、お寺様の都合もありますので、現状に応じて最終的な日程を決めることにな ります。

お葬式の費用の目安は

  「葬儀一式費用」の全国平均は198万円です。
  市民葬祭の葬儀はチラシの通り安いセットプランも用意してありますので、ご予算に
  応じて選んでください。

お布施はどのくらい支払えばいいのでしょうか

 葬儀の際に、ご家族が宗教者にお渡しするお礼が一般的に「お布施」と言われております。
 葬儀社が「いくら」と決められるものではございません。日本消費者協会の調査(2003)
 年によると全国平均は51万円。 この中には、葬儀に関する読経、戒名などを含めた
 ご導師へのお礼が含まれます。これはあくまでも目安です。
 只、市民葬祭の紹介となると非常に安くなります。

生前相談、事前相談はさいたま市の葬儀社、市民葬祭へ

いざという時に困らないよう、生前相談、事前相談をおすすめしております。
お見積もりは無料です。お気軽にお問合せください。

家族・親族以外に葬儀に参列する人の数が想像つきません

  どこまでの範囲で、葬儀をお知らせするかによります。
  故人の関係、ご家族の関係、ご親戚の関係、老人会や、趣味の会等のご友人の関係で
  おおよその人数を考えます。
  また年賀状なども参考になります。