市役所関係・福祉葬儀を行っている市民葬祭は、
低価格・安心葬儀を心がけております。

市民葬祭からのお願いです

お亡くなりになりました方のご葬儀は大事ですが、残されたご遺族様の今後の生活もお考えになり
葬儀費用を決めていただきたいと思います。

会員予約受付中(入会金2,000円のみ)

  • 葬具(柩)はグレードアップサービス
  • 当社葬儀式場利用は20%割引
  • ラストメーク(死化粧)サービス
  • 仏壇、仏具35〜40%割引
  • 僧侶の紹介料20%割引(俗名は対象外です)
  • 霊園または墓石の建立…建立後10%返還

上記の特典は当社が負担させていただきます。

ご希望の方は、048-683-4027までお電話にてお問い合わせください。

各宗派の僧侶のご紹介もさせていただきます。

一日葬(告別式のみ)6万円 お布施(告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
二日葬(通夜・告別式) 15,5万円 お布施(通夜、告別式、初七日、お車代、お膳料、火葬場での供養含む)
お戒名料 (信士・信女)4,5万円/(居士・大姉)10万円/(院号居士・院号大姉)20万円

一日葬(告別式のみ)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
6万 + 4,5万 = 10,5万円
会員の方は20%割引

二日間(通夜・告別式)お戒名料

(信士・信女)付きでのお布施(お経料含む)の例
15,5万 + 4,5万 = 20万円
会員の方は20%割引

値下げしました!!!

値下げしました!!!

公的補助
各市区町村に申請すると
次のような公的補助が受けられます。

健康保険加入者…5万円

お客様よりよくある質問を、Q&A方式で掲載します。

お葬式の費用の目安は

  「葬儀一式費用」の全国平均は198万円です。
  市民葬祭の葬儀はチラシの通り安いセットプランも用意してありますので、ご予算に
  応じて選んでください。

お布施はどのくらい支払えばいいのでしょうか

 葬儀の際に、ご家族が宗教者にお渡しするお礼が一般的に「お布施」と言われて
おります。
 葬儀社が「いくら」と決められるものではございません。日本消費者協会の調査(2003)年によると全国平均は51万円。この中には、葬儀に関する読経、戒名
などを含めたご導師へのお礼が含まれます。これはあくまでも目安です。
 只、市民葬祭の紹介となると非常に安くなります。

生前相談、事前相談はさいたま市の葬儀社、市民葬祭へ

いざという時に困らないよう、生前相談、事前相談をおすすめしております。
お見積もりは無料です。お気軽にお問合せください。

家族・親族以外に葬儀に参列する人の数が想像つきません

  どこまでの範囲で、葬儀をお知らせするかによります。
  故人の関係、ご家族の関係、ご親戚の関係、老人会や、趣味の会等のご友人の関係で
  おおよその人数を考えます。
  また年賀状なども参考になります。

無宗教のお葬式で、お経を上げてもらうことはできますか

  可能です。
  無宗教葬とは、形式のない自由なかたちのお葬式ですから、お式でお寺様のお経が
終わった後に、献花で個人様を偲んだり故人様がお好きだった音楽を流すことが
出来ます。
  ただし、菩提寺様とのおつきあいがあるご家族様は、菩提寺様に無宗教葬の形式で
、お経だけ上げてもらえるかどうか、ご相談されたほうがいいでしょう。
  お式中だけでなく、お式を終えられた後の火葬中もお経を上げてもらうことは
できます。
  お時間は、5分から10分と限られた時間の中でのお経となります。

自宅の近くに「市民葬祭」の斎場がないのですが

 さいたま市、上尾市には公営式場がございますので、また、安価にて利用できますので
 そちらをご案内いたします。

お盆の期間も、事前相談をお願いできますか

  お盆期間中も24時間、深夜、早朝でも対応いたします。
  お電話や、ご家族と一緒に資料やお見積りを見ながらご説明する対面でのご相談、
どちらも受け付けております。
  ご葬儀について分からない事、確認したいことがございましたら、いつでもご相談
ください

看病で自宅にいない時間が多いので、資料と見積りを病院で受け取ることはできないでしょうか

  病院など、ご指定いただいた場所と時間に、資料とお見積りをお持ちいたします。
  その場でご相談にもお応えいたしますので、「万が一」も時までお時間がない
場合は、お申し出ください。
  24時間、土日祝日も対応しております。

公営斎場とはどんなところですか?

公営斎場とは、都市区が運営する公営の斎場の事を指します。市民葬祭では、さいた市、
上尾市、伊奈町などの公営斎場をご利用いただくことができます。お気軽にお問い合わせください。

身寄りがない場合はどうすればいいのですか?

そのような場合は、役所が戸籍を頼りに親族を探します。
もし親族が見つからない場合、火葬は可能ですが御遺骨の引き取りが問題になります。
もし、ご自身に身寄りがなく、ご自身の葬儀や亡くなった後のことが心配でしたら、
事前に葬儀社や役所に必ず相談しましょう。